至れり尽くせり♪

今年90歳と83歳になる、父と母は、実家のある国立でふたり暮らし。

とはいえ、本当の夫婦水入らずの生活になったのは、10年前、祖母が亡くなってからですので、ある意味、また新婚生活のやり直し(?)みたいなものかしら。(笑)


だからかな・・・
たぶん、おそらく、お互い、相手が好きで好きで、心配で心配で、愛おしくて愛おしくて。

両親は、万が一、どちらかが、先に逝くようなことがあったら・・・
そのあとを追うように、どちらかも逝くような予感がしています。


1年半前、父が肺炎で倒れ、入院した時・・・
母は、ちょっとしたプチパニックになってしまって。
ごはんを一切、食べなくなってしまいました。

それを機に、介護認定を受け・・・
今では、毎日、本当に手厚い介護支援をいただきながら、日々を安全に過ごしています。



本来であれば、娘であり、独り身の私が、両親の元で、ふたりの世話をすればよいのでしょうが。

「独り身」ゆえ、自分自身の将来のことも見据えて、できるだけ長く、仕事もしなければならず。


幸い(?)、この4月からも、今の仕事を継続できることになりましたので、
もうちょっとだけ、両親には、ふたりだけの生活を続けてもらおうと、決めました。


というわけで、先日、向こう1年間の、両親のケアプランミーティングに参加。

この日、実家に集合したのは・・・
主治医、ケアマネ、訪問介護所長、ヘルパー、介護用品スタッフ2名、訪問看護士、訪問薬剤師、デイサービス相談員の計9名。


こんなにもたくさんの方々が、両親の生活を支えてくださっているのかと思うと、本当にありがたくて。

気が付けば、私、ずっと頭を下げていましたっけ。(笑)


とにかく、たくさんたくさんお話しして、以下のプランに決めました。

■月曜日~日曜日の午前~午後
ヘルパーさんが、掃除、洗濯、ゴミ捨て、ゴミの分別、買い物、料理、入浴介助、外出時の送り出しを。

■水曜日
訪問看護士さんと訪問薬剤師さんが、体調とクスリの管理を。

■木曜日
母が、デイサービスへ。 買い物、ガーデニング、食事、入浴。

■金曜日
父が、デイサービスへ。 運動機能回復の全身運動メニュー。

■ケアマネさんは、ほぼ毎日、ご機嫌伺いに来宅。

■主治医は、必要に応じて、ほぼ毎週、往診。


こうして、毎日、誰かしらが、両親のサポートをしてくださることに。

実家から、遠く離れたところに住み、且つ、フルタイムで仕事をしている私にとって、本当に本当にありがたいサービスです。



この日のミーティングで、サポートチームが一同に顔を合わせた際、みなさんが口々に言ってくださった言葉。

「お母様は、本当にいつもお優しくて。 笑顔が可愛らしくて。 」

「ありがとう、ご苦労さま・・・って言葉をいつもかけてくださるので、私たちも元気が出ます。」

「お母様から、お孫さんたちのお話しを伺うのが、とても楽しみなんですよ。」



ママの、その「愛されキャラ」は、亡くなったおばあちゃんにそっくりだねっ!!



「お父様は、我々がケアさせていただいている間、ずっと、しゃべり続けられて。
本当にお元気ですね。」


「えぇ~?! 父は寡黙&無口が、キャラなんですけど??」
・・・と私が、すっとんきょうな声を出すと、


「とんでもない!本当はお話しが大好きですよ。
ただ、そのぉ、お話しの内容が、高分子とか量子力学、ポリマーとかで。
ちょいとハイレベルで、なかなか着いていけない部分はあるのですが。」


アハハ、パパらしい。



「確認だが・・・リリーは、この先も、ずっと独りで生きていくんだな?
今、遺言書を書いているんだが、その回答如何で、(兄貴との)遺産配分率を考えなくてはならない。」


パパったら、そんなこと、考えなくていいよ~

今はとにかく、日々を元気に、長生きすることだけを考えて!

こんなにも、皆さん、至れり尽くせりのお世話をしてくださっているんだから。



「至れり尽くせりだと? 僕には、寄ってたかって・・・としか思えんのだが。」

も~~!!

パパも、ちょっとはママを見習って、「可愛げ」のあるおじいちゃんになってくださいっ!!!


001 5195946_291397493_1large



赤ちゃん返り?!

2月21日は、母の83回目のバースデーでした。

一昨年の秋は、正直、83回目のバースデーが迎えられるとは思っていませんでした。
その頃、医者からは、余命半年~1年と言われていましたから。


でも、人の寿命なんて、わからないものですね。

時折、思い出したように、ある方のブログを見たりしますが。
とても深刻な状況なのに、びっくりするくらい明るくて、ポジティブ!

きっと「自分は愛されている」ってことを、日々実感しているからでしょうね。

ご主人さまの「献身的な愛」にも、胸を打たれます。

家族の支え、愛情・・・そして、自身の「生きたい!」という想いこそが、あの病気の
特効薬だと思います。



ちょっと話が逸れました・・・。

さて、母へのバースデープレゼント、散々悩みましたが。

お店で一目惚れした、シルクタッチのテディベアと、ドレスタオル、アロマをセットにして
贈りました。

83歳のいい大人(?)に、テディベアは失礼かなぁと思いましたが、なんのなんの!!

可愛い可愛いと、大喜びで抱きしめてくれました。


毛並みにシルクが施されているだけあって、確かに触り心地は抜群なんです。

で、枕元に置いて、朝に夕に、抱きしめては、癒やされているそう。


以来、電話の度に、

「可愛らしいクマちゃんを、本当にありがとうね。 毎日、抱っこしていますよ。
でね、名前を付けたの、ゆうくんって!」


え? あのテディベア、女の子なんだけどな・・・(^^;)


ゆうくん・・・とは、私の息子のニックネーム。

母にとって、最も愛おしい存在は、やはり孫なのでしょうね。


「なんだか、この歳になって、赤ちゃん返りしてきちゃったのかしら。
ぬいぐるみが、とっても嬉しいわ。」

と、母。


「でも、、いくら赤ちゃん返りっていっても、オムツのお世話にだけはなりたくないわ~」


ですね、ですね。

その「キモチ」、大切ですよ!(笑)


少女のように、キラキラとした目で、テディベアを抱きしめる母が、なんだかとても、
愛おしく思えます。


あれ??

「娘」なのに、なんだか、「母親」の心境・・・・


こうして、親子・・・の立場が、少しずつ、逆転していくのでしょうね。



ゆうくん、ちっちゃいアーちゃんの見守りをヨロシクね~♪

(※ちっちゃいアーちゃん=母、 おっきいアーちゃん=祖母)



春は、もう、すぐそこに・・・

001 5195946_2246807229_213large


自分のためのステキ時間☆

皆さん、普段、お夕食の時間は、何時頃ですか?


私は、平日、仕事があるので、20時~21時頃になってしまいます。

とはいえ、「睡眠時間7時間」は死守したいので、22時には眠りの体制につきたい!!


すると、お夕食というか・・・
1日で1番楽しみであるはずの晩酌タイムが、なんとなく、気ぜわしく、駆け足で過ぎてしまう。

食べてすぐ寝る・・・のは、極力、避けたいですしネ。(笑)


そんな生活が、長年のリズムになっているせいか、オフの日も、同じような時間帯に夕食・・・となってしまっていたのですが。


ある時から、お休みの日のお夕食を、17時半~18時・・・としてみたのです。

16時過ぎから支度を始め、18時からゆっくり、お酒とお料理を楽しむ。


たかが、2時間、されど2時間。

いつもより、2時間ゆとりが出来たことで、平日には味わえない、贅沢な時間を楽しむことができるようになりました。


普段、家事の合間にしか観ることのないテレビを、ゆっくり座って観られて。

読みたかった小説に、時間を忘れるくらい、没頭できて。

お風呂上がりにパックをしたり、ボディクリームを念入りに塗ったり。
マニュキュアをしたり、マッサージクッションで凝りをほぐしたり・・・。

自分のケアにも、ゆったりと時間をかけられました。



昼間と違って、夜は、「自分のための特別な時間」が過ごせる感じがするんです。


お夕食の時間を、ちょっと早めただけで、贅沢な自分時間を味わうことが出来るんですねぇ。



「太陽があるうちに動いて、陽が暮れたらのんびりする。」

どんなに忙しくても、週末くらいは、こうやって、気持ちに「ゆとり」を感じることが、大事なんだなぁと思います。

「ゆとり」が出来ると、自分の中の小さなシアワセにも気付けたりして。


そんな時間が、また、平日にがんばるエネルギーになる気がします♪




野菜市場にも、春のお野菜が並ぶようになりました。


001 5195946_2144474365_209large


ほろ苦い菜の花。
黄色いお花が咲いたら、しばらく、鑑賞して。
その「生命力」に感心しつつ、ありがたくいただきます。


002 5195946_2245865871_144large


ロマネスコ。
フラクタル構造をもつ、美しい自然の造形物!
出逢う度に、ほれぼれして。
なにが、どうなると、こうなるの?なんて考えながら、いただいています。




さぁ、今日も陽が暮れかけたら、ゆっくり時間をかけて、お料理して。

しっぽり、晩酌時間を楽しもう♪

自分のための贅沢時間をエンジョイしよう♪


そうして・・・
恙ない毎日、生きていることに感謝しよう!


男子だってパンを食す♪

我が家の父のモットー。

「パンなどという食べ物は、女・子供が食するもの。男子たるもの、白米を食せ。」

80代まで、このポリシーを貫き通してきました。


↑の「女・子供・・・」のくだりにある、「女」に相当する母は、もちろんパンが好き。

明治生まれの祖母も、大のパン好きで。
最期に食した私の手料理が、まさにフレンチトーストでした。


リリー家の朝ごはん。

女性はパン、男性は白米・・・ときっちり分かれております。

余談ですが・・・リリー家の血液型。

女性はB型、男性はO型と、きっちり分かれております。



ところが!

最近、ちょっと様子が変わってきた。



今年の5月で、卒寿を迎えようという父が、突如、パンに目覚めてしまったのであります!!

きっかけは、国立駅構内に出来た、キレイな駅ナカ。
そこで、出会った、おしゃれなベーカリー。

おそらく、父が人生初(?)、ひとりで脚を踏み入れたベーカリーではないでしょうか。



とにかくパンが大好きで。
以前は、お気に入りのベーカリーへ、バスや電車を乗り継いでまで、
足繁く通っていた母ですが。

最近は外出もままならず、買い物は、すべて父まかせ。


正義感と責任感は、人一倍強い父のこと。

「愛する妻にパンを食べさせたい!」という想いで(?)、勇気を出し・・・
ベーカリーという、未踏の地への大きな1歩を踏み出したアナタはエライ!!!



母と過ごす、楽しみなお3時に・・・

ついに禁断の果実・・・いや、禁断のパンを口にして。
その、おいしさに秒殺されたのでしょうか??



いろいろいろいろ追求してみると・・・

ほぼ毎週、ベーカリーに通いつめて。
1度に2,000~3,000円ほど、お買い上げ~♪

パ、パンに○千円って?!

これまた、モノの値段を知らない、父らしい買い物の仕方。

そもそも父という人は、買い物の際、値札を一切見ないのであります。

無駄遣いや衝動買いをしない代わりに、必要だと思ったものには、いくらでも投資できるという、ある意味、賢いやり方と言いますか。。。

ちょっとカッコイイ!!(笑)



で、お気に入りのパンはなぁに?と、問うと・・・


「菱形の形状の断層面に、果物と黄色いゲル状のものが乗っているもの」

 →フルーツデニッシュですか?!


「あずきを煮詰めて、濾過したようなものが注入された球状のもの」

 →いわゆる、ひとつの、あんぱんですか?!


「白色の生地に、油脂がしっかりと浸透した塩分を感じるもの」

 →今流行りの、塩バターパンですか?!



ここまでくると、もはや、連想ゲーム。(笑)

まぁ、これまで、「食」に対する興味がまったく無かった父ですから~
表現が、稚拙というか、まわりくどいのは、致し方ないっか。


「ちなみに、日本で一番、パンの消費量が多いのは、京都なのよ~」と話すと・・・

目をまんまるくして、

「え?そうなのか? それは意外だ。 驚いた!  じゃあ、僕もどんどん食べよう!」と父。



父にとって、第2のふるさとである、京都。

その「京都びと」が、パン好き・・・と聞き、浮かれる父が、なんとも可愛らしい。(笑)


次に帰省した時は、私も父に、パンを爆買いしてもらおっと!

「長い棒状をした、ニンニクの風味と油脂がしっかりと浸透した、ハードな食感のもの」

・・・がよいなぁ~♪

001 5195946_2066705579_29large





ずっと前から好きだった・・・

って言われました、間接的だけど。


いわゆる、ひとつの「幼ななじみ」ってやつでさ。

学校から帰れば、互いの家を行き来して、ほぼ毎日一緒に遊んだりもしてた人。


母親同士が、親友で。

きょうだい同士でも仲良しだったから、4人で仲良く、多摩川の土手やら、
近所のどんぐり林で、 暗くなるまで、泥だらけになって、
はしゃいだりもしてた人。

頭が良くて、お勉強も出来たから、私の宿題もよくみてくれた人。


お年頃になると、

「うちのお兄ちゃんよりやさしいなぁ・・・キュン♪」なんて、ちょっぴり思ったこともあった人。(笑)

だけど、実家が、ものすご~いお金持ちで、地元でも有名な地主さんで。

一家の「長男」として、子供の頃から、周りの大人の財産争いのゴタゴタを目の当たりに
してたからかな・・・

妙に、「現実的」で、「悟った感」・・・を身にまとった人。



みんな大人になって。

結婚したり、海外行ったり、親になったり、別れたり・・・

それぞれ、いろいろいろいろあったけど。


彼だけは、一度も結婚しないまま、今に至ってるんだってさ。

でも、大きな会社の社長さんになって、えら~い人になってるんだってさ。



ためしに、懐かしい名前をググったら・・・

本当に立派な社長さんになってました。(@_@)



そんな人がどうして、今まで結婚しないでいたんだろ??って思うけど。


「(私のことを)ずっと待っていたから・・・」と言われたよ、間接的だけど。


「もしかしたら、今でも待っている・・・」とも言われたよ、間接的だけど。


間接的・・・ってずるいよね、こっちの妄想が、勝手に膨らむじゃん!!



久しぶりに逢ったら、なんだか挙動不審になりそう・・・(-_-メ)

近所の仲良しのお兄ちゃんって人だったから。



なんてね・・・(^^♪

ようやく春の足音が聞こえてきて。

ちょっぴり、ドキドキしてみましたとさ。(笑)


プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる