FC2ブログ

いのちを紡いで♪

11月23日、午前11時40分、母が84歳の生涯を静かに閉じました。


ミャンマーから一時帰国した息子を囲み、久しぶりに家族全員で実家に集合し、食事会をしようと思っていた矢先でした。


私だけ、一足先に到着。
すっかり食の細くなった母は、私の手から茶碗蒸しを3匙。
それでも、最近の母にしては、よく食べてくれました。


「みんなが来るまで、少し休もうか?」

母をベッドに横たえ、背中をさすり、手を握り、頭を撫でているうちに、母は、一瞬、大きな目を見開いたかと思うと、まるで、ろうそくの灯が消えるように、静かに静かに・・・目を閉じ。

私の腕の中で、眠るように逝きました。

私は、母の人生の幕引きを、この手で、この目で見届けることが出来ました。
息が止まる瞬間まで、この腕の中に、母を抱くことが出来ました。

私自身、そのことを、本当に本当に幸せに思います。



最愛の孫である息子は、その30分後に到着。
兄貴一家は、その1時間後に到着。

あんなにも逢いたがっていた孫たちと言葉を交わすことは叶いませんでした。

それでも、私の腕の中で。
家族全員が集まる日に。
皆に見守られながら、住み慣れた、想い出いっぱいの我が家で・・・

天国へ穏やかに旅立った母は、本当に幸せだったと思います。



最後の最後まで、献身的に母を支えてきた父は、ずっと泣いています。
涙が枯れてしまうのではないかと心配になるほど、泣き続けています。

泣きながら、母への感謝の言葉が、次から次へとあふれ出し、涙と共に止まりません。



こんなにも泣いてくれる人がいて、母は幸せ者です。

こんなにも愛する人がいて、父は幸せ者です。



私の両親は、支え愛、労り愛に溢れた、本当に素晴らしい夫婦でした。

そんな両親に育てられた私たちは、世界一、幸せです。



ママ、今まで本当にありがとう。 お疲れさまでした。

そして・・・

私たちを産んでくれてありがとう。 育ててくれてありがとう。

ママ、大好き!
ママの優しい声と、可愛らしい笑顔が大好き!



命の灯が消えてもなお、母は、本当にキレイな顔をして眠っています。

どんどん・・・どんどん美しい母になっていっています。
まるで女神さまのようで、見惚れてしまうほど。

本当に、最後の最後まで、私たちの自慢の母です。



ママに貰った大切な命は、私たち家族がずっと紡いでいくからね。

だから、これからも、私たちのそばに居て、寄り添って、そして、見守っていてね。


天国のおじいちゃん、おばあちゃん、はっこちゃん。
ママをよろしくお願いします。

久しぶりに親子4人で、楽しくお話ししてね。


https://www.youtube.com/watch?v=K_uQLuhi634


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる