FC2ブログ

仲良くワイン(^^♪


先日、実家に帰省するとワインの空き瓶がゴロゴロ。

「日本人は、白米に日本酒!」を豪語していた父が、どうやら、赤ワインに目覚めたらしい。

きっかけは、私が帰省の度に持ち込んでいた、マイ赤ワインの吞み残し。


昔から、ウィスキーか、日本酒一辺倒で、ワインは外食時にのみ、
気が向いたら嗜む程度だったのですが。

どうやら、私の好みの赤ワインが、どんぴしゃ、ツボった模様。(笑)

2~3日に1本の割合で吞んでいるようです。

最近は、散歩の途中、お気に入りの酒屋さんのワインセラーに立ち寄り、あれこれ物色するのが新たな楽しみに。


「ワイン=フランス」ばかりではないのよ!とアドバイスすると、
更に、好奇心に火がついたみたい。

世界中のワインを呑んでみたい!と張り切っています。


加え、ベーカリーでフォカッチャだの、クロワッサンだの、パニーニだのを買い込んでくる。

あれぇ??
以前 「パンは、女・子供が食すもの。 男子たるもの、白米を食す!」と言ってましたよね?

どうやら、パンが、ワインにぴったり合うことも知ってしまったらしい。(笑)


これまで、仕事一筋で、衣食住の、特に「食」にまったく興味を示さなかった父。

91歳にして、新しい世界にワクワクしている模様。

本当は、母と毎晩、晩酌してくれたらいいんだけどなぁ。(母は、ずっと赤ワイン派!)

なんて思っていたある日。 いつものように、母に電話。


「パパと話せるかな?」

「パパは、今、晩酌のお支度中です。」と母。


え?あの「男子厨房に入らず」の父が?

それでも無理くり、電話口に出てもらうと・・・


「今日、ポルトガルの赤ワインを買ってきたんだが。 
コルクが、どうにもこうにも、キレイに抜けなくてだな。
これ、毎回、うまく抜くにはどうしたらいいのかね?」

「しばらく横に寝かせて、コルクを湿らせるといいわよ。」

「そんなに待てないよ。」


電話口の向こうで、がさごそ音がする。

どうやら、赤ワインに合わせて、お決まりのパンのほか、チーズやらハムも買ってきた模様。

やるな~、パパ。


「これから、ママと晩酌なんだ。 
最近のママは、毎晩、必ず、グラスに1杯は(赤ワインを)吞むんだよ。
折角のワインの 気が抜けるから、またな、じゃ。」

と、一方的に電話を切られました。


夫婦水入らずで、毎晩、晩酌かあ。
そんな穏やかな日々が、できる限り長く、ずっとずっと続いて欲しいと
祈らざるを得ません。



母の看護を、全力でがんばってくれている父に、今度、とっておきの赤ワインを
プレゼントしたいと思います。
あ、ワインオープナーもかな?

でも瓶は、捨ててネ、お医者さまに、また叱られるから。


5195946_2297804941_207large.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる