FC2ブログ

連想ゲーム♪

先月末から、父が体調を崩し、入院しています。

引き金は、インフルエンザ罹患だったのですが。
父ほどの高齢になると、インフルも命取りになる!ということを、改めて実感。


普段から、本屋と図書館、そして、カフェ巡りが趣味!と豪語している、健脚の父が、
病院のベッドに横たわっている姿は、娘ながら、本当に可哀想で。(涙)

毎週末、極力、見舞いに訪れています。



さて、入院生活での唯一の楽しみ♪といえば、私の場合、食事でした!

ということで、父にも・・・

「今日の朝ごはんは?」

「お昼ごはんは、何だった?」

「何が一番美味しかった?」

が、決まり文句に。


それに対する、父の回答が、摩訶不思議~


【ある日の朝ごはん】

■白濁液に、さいころ状の白い物体が浮遊した汁もの

■粘度のある豆多数

■頭部と尾びれが切断された薄紅色の魚少々

■正月にも食べた半円形の白いもの

■やや糖度の高い、黄色い野菜を煮たもの

■白米



【ある日の昼ごはん】

■棒状の野菜に、粉的なものを付着させ、そばを食べるのと同様の黒いつゆが添えられたもの

■酸味の強い汁に浸かった歯ごたえのある生の野菜

■黒髪の様を呈したものと豆の類を甘辛く味付けしたもの

■白米



【ある日の晩ごはん】

■扇形の半透明の野菜と、濃淡のあるサイコロ状の魚とおぼしきものを煮たもの

■歯ごたえのある、塩分と酸味の残る野菜

■複数の野菜と肉片が混在した汁もの

■白米



【ある日の昼ごはんで美味しかったもの】

■多色の野菜と肉塊を、酢で転がしたもの


【ある日の晩ごはんで美味しかったもの】

■野菜の座布団に、魚が寝たきり



ん?ん? 
も~ね~、白米以外は、連想ゲームですよ~~~



ここで釈明させていただきますが・・・
我々家族だって、ちゃんとちゃんと、手料理を食べさせていたのですよ。

でもね、父という人は、自分が興味のないことは、とことんスルーなのです。

そのOne of themが、おそらく「食」!!


納豆だって、お味噌汁だって、豚汁だって、天ぷらだって。

ちゃんと、「はい、今日は〇〇ですよ」って、食卓に出してきたんですよ~

でも、父は、料理名になぞ、一切関心が無いから、右から左へ・・・



この、あまりにも不可解な表現に、最初は呆れていましたが。
いつしか、この「連想ゲーム」が、私のひそかな楽しみに♪


「食に興味無し!」と言いつつ。
料理のひとつひとつを、父目線で分析しているあたり、さすが、学者肌だなぁと。(笑)



お見舞いは、私がひとりで訪れることが多いのですが。
ここのところ、父の目の奥に、光るものを感じます。

「ちゃんと食べてるか?
お酒はほどほどにして、その代わり、しっかり食べるんだぞ。
僕の財布、好きなように使ってよいから。
とにかく、栄養のあるもの食べて、体力つけなさい。
欲しいものがあれば、買いなさい。」


父の口から、そんな風に、私の身体を気遣う言葉が飛び出すのは、ほぼほぼ初めて。
そう思っていても、なかなか口にしないのが父ですから。

でも、私とふたりきりの時の父は、驚くほど優しくて。

仕事のこと、生活のこと、恋愛のこと、そして人生のこと・・・ 

父らしい、難解ながら、的確な言葉で、相談に乗ってくれます。

父のアドバイスは、いつだって迷いがなく、黒白はっきりしていて、気持ちいい!!



父と、こんな風に、向き合って、しっぽりと話をするのは、いつ以来だろう。

なんだか、父を独り占め出来ているようで、実は、とてもシアワセな時間です。




父は、骨折もしているので、見舞いの度に、パック牛乳を持参。


「カンパ~イ♪」と、骨折女王の私も父と一緒に、牛乳ごくごく。



パパ、早く元気になって!
退院したら、牛乳じゃなく、ビールで乾杯しよう!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる