FC2ブログ

両親の心配ごと・・・

月に1度、母の通院の付き添いをしています。

大きな総合病院なので、予約をしているとはいえ、1~2時間待ちは当たり前。
ただただ、じっと座って待っているだけですが、病院って、なぜだか疲れますね。


でもネ、私は、そんな母との「診察待ち時間」が、最近、とっても好きなのです。

母との、ふたりきりの濃密な時間といいますか。。。
家にいると、なんだかんだ用事があって、ゆっくり座って話すことが難しいのですが。

病院の待合室って、待つこと以外に、することがありませんから。

母と並んで座りながら、とても近い距離感で、お互いの体温を感じながら話すことができる。

それが、とっても楽しいんですよネ~♪


先日の付き添い時も、スマホで撮った女子会の写真を見せて、私の学生時代の話に花が咲いたり。

逗子海岸の花火大会の動画を、音付きで見せたら、めちゃめちゃ、感動してくれました。

「花火大会なんて、何十年ぶりに観たわ~本当にキレイね。」



そして、こんな会話も・・・

母:「アナタの今の一番の楽しみはなぁに?」

私:「(迷わず)朝、起きることかな。また無事にひとつ朝を迎えられることに、最近、ものすごいシアワセを感じるのよ~」

母:「あらら、起きるのが楽しみだなんて、エライわねぇ。」

私:「だって、ほら、わたくし、ひとりですから。 いつ何があるかわからないでしょ? だから、平和な朝がくると、シアワセなのよ~」

母:「それなんだけどね、アナタ、この先もずっと独りでいるつもり?どなたか、いい方はいないの? 
ママは、それだけが心配で心配で。
だって、何かあっても、ひとりだと、だぁれも気が付いてくれないじゃないの。
今は元気でも、歳とったら何があるかわからないのよ。」

私:「まぁ、こればっかりは、ご縁ですから。
ほら、阿川佐和子だって60歳過ぎてから、結婚したし!」

母:「○○おじさまが生きていらしたら、いい方をご紹介いただけるのにねぇ。」
(※注:○○おじさま=世話好き、仲人好きな親戚のおじさま)



別の日・・・
両親と、ケアマネさん、私とで、今後の生活についてお話し合いをした際のこと。


ケアマネさん:「おふたりが、今、困っていらっしゃること、不安に思うことは何ですか?」


父:「娘がずっと、独りなことです。」

母:「私もです。 この子の老後が心配です。」



ちょっと、ちょっと、それ、ケアマネさんに相談することじゃないよぉ~~っΣ(゚Д゚)

私、赤面・・・年老いた両親に、自分の老後を心配されるって、どんだけ。(←古っ!)




まぁ、出来の悪い子ほど、カワイイとも申しますし。

心配ごとがあると、かえって長生きするとも言いますし。

実際、両親は、(私のことが)心配で心配で・・・死んでも死にきれないって言ってますし。


私:「いざとなったら、介護付きの、海辺のステキなマンションに住むわ~。そのためにも、がんばって仕事して、お金貯めないと~」


と、言葉、濁しておきましたとさ。 (笑)



さて・・・
この夏、父と母が一番喜んだ手土産は、やっぱりこれでした。

5195946_2263071974_169large.jpg


長生きするには、やっぱり、肉・にく・ニク~~

そして、ちょっとの、心配ごと・・・。
イイネ! コメント


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる