FC2ブログ

ケイくんのママ♪

ケイくんと息子は、幼稚園の同級生。

家もご近所だったことから、幼稚園が終わると、夕方まで、我が家でよく遊んだものでした。


ケイくんには、3つ年上のお兄ちゃんと、2つ歳下の弟がいて。
やんちゃ盛りの男の子3人相手に、ケイくんママは、大忙し。


「いつもケイがお邪魔しちゃって悪いわね~、でも(預かってもらえて)助かるわ~」

お手製のケーキやパンを、子供たちのおやつに・・・と、差し入れてくださったりもしました。


いつも笑顔で、ユーモアがあって。

太陽のような、そして【肝っ玉かあちゃん】という言葉がぴったりの人でした。


3人の男の子を育てている、たくましい腕で・・・

ハンバーグ・・・しかも、「特別ジャンボなハンバーグ」を作るんだろうなぁ。
そんなことを、ふと、思わせる人でもありました。



そんなケイちゃんママの笑顔が、ある時から、ピタっと見えなくなりました。


「おかあさん、びょういんなの。」

ママとおんなじ、まん丸のケイちゃんのお顔が、一瞬曇りました。


「ごはんは、おとうさんとおにいちゃんがつくってくれるんだ。」



それからしばらくして・・・

ケイちゃんのまん丸お顔が、心なしか、たまご型・・・になってきたなぁ、と感じてきたある日。


「ママ~、ケイちゃんママが、ひさしぶりにあそびにきたね~!!」と、わが息子。


「え?いつ?」


「きょう、ようちえんからかえってきたら、ケイちゃんママが、あそこにいたよ。」


そう言って、5歳の息子は、子供部屋に続く、廊下の向こうを指さしました。




翌朝、幼稚園に登園した際、担任の先生から告げられた言葉・・・


「昨日の午後1時半、ケイちゃんママが亡くなりました。」


息子が、ケイちゃんママを最後に見かけたのは、同じ日の、午後1時半頃でした。。。




ケイちゃんママは、亡くなる2年前に乳がんが見つかり。

でも、周りには、ひとことも漏らさず、ひそかに治療を続けていたそうです。


最後は、病院で亡くなりました。   

35歳という若さでした。



いつも明るくて。
弱音とか、ネガティブなことを、ひとことも口にしなかったケイちゃんママ。

ガンと闘っていたなんて、微塵も感じさせない人でした。




「ゆうくん、これからも、ケイと仲良くしてやってね」

ケイくんママは、そんな想いを伝えたくて・・・
息を引き取る直前、息子にも、逢いに来てくれたんだね。



ケイくんママ亡きあと、小学生のお兄ちゃんとケイくんとで、家事を分担し、働くパパを支え、幼い弟の面倒をみていました。


食べることが大好きだったケイくんママに似て、ケイくんは、とってもお料理上手になったんですって。


ケイくんとは、今も変わらず、おつきあいのある息子。

ケイくん3人兄弟は、それぞれに就職。
今でも、男子3人で家事を分担しながら、お父さんを支えているそうです。

みんな・・・本当に、本当に立派な大人になりました。(涙)




ケイくんママが、ずっと見守ってくれているから…だね。

「母の愛」は、時空を超えて、永遠なのです。

どんな時も、愛する家族のそばに、やさしく寄り添っているのです。


5195946_291392650_1large.jpg



先日、小林麻央さんの訃報を聴き、ふと、ケイくんママのことが脳裏に浮かび・・・

あの日の、不思議な、でも、感動的な出来事を想い出した、夕暮れでした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる