至れり尽くせり♪

今年90歳と83歳になる、父と母は、実家のある国立でふたり暮らし。

とはいえ、本当の夫婦水入らずの生活になったのは、10年前、祖母が亡くなってからですので、ある意味、また新婚生活のやり直し(?)みたいなものかしら。(笑)


だからかな・・・
たぶん、おそらく、お互い、相手が好きで好きで、心配で心配で、愛おしくて愛おしくて。

両親は、万が一、どちらかが、先に逝くようなことがあったら・・・
そのあとを追うように、どちらかも逝くような予感がしています。


1年半前、父が肺炎で倒れ、入院した時・・・
母は、ちょっとしたプチパニックになってしまって。
ごはんを一切、食べなくなってしまいました。

それを機に、介護認定を受け・・・
今では、毎日、本当に手厚い介護支援をいただきながら、日々を安全に過ごしています。



本来であれば、娘であり、独り身の私が、両親の元で、ふたりの世話をすればよいのでしょうが。

「独り身」ゆえ、自分自身の将来のことも見据えて、できるだけ長く、仕事もしなければならず。


幸い(?)、この4月からも、今の仕事を継続できることになりましたので、
もうちょっとだけ、両親には、ふたりだけの生活を続けてもらおうと、決めました。


というわけで、先日、向こう1年間の、両親のケアプランミーティングに参加。

この日、実家に集合したのは・・・
主治医、ケアマネ、訪問介護所長、ヘルパー、介護用品スタッフ2名、訪問看護士、訪問薬剤師、デイサービス相談員の計9名。


こんなにもたくさんの方々が、両親の生活を支えてくださっているのかと思うと、本当にありがたくて。

気が付けば、私、ずっと頭を下げていましたっけ。(笑)


とにかく、たくさんたくさんお話しして、以下のプランに決めました。

■月曜日~日曜日の午前~午後
ヘルパーさんが、掃除、洗濯、ゴミ捨て、ゴミの分別、買い物、料理、入浴介助、外出時の送り出しを。

■水曜日
訪問看護士さんと訪問薬剤師さんが、体調とクスリの管理を。

■木曜日
母が、デイサービスへ。 買い物、ガーデニング、食事、入浴。

■金曜日
父が、デイサービスへ。 運動機能回復の全身運動メニュー。

■ケアマネさんは、ほぼ毎日、ご機嫌伺いに来宅。

■主治医は、必要に応じて、ほぼ毎週、往診。


こうして、毎日、誰かしらが、両親のサポートをしてくださることに。

実家から、遠く離れたところに住み、且つ、フルタイムで仕事をしている私にとって、本当に本当にありがたいサービスです。



この日のミーティングで、サポートチームが一同に顔を合わせた際、みなさんが口々に言ってくださった言葉。

「お母様は、本当にいつもお優しくて。 笑顔が可愛らしくて。 」

「ありがとう、ご苦労さま・・・って言葉をいつもかけてくださるので、私たちも元気が出ます。」

「お母様から、お孫さんたちのお話しを伺うのが、とても楽しみなんですよ。」



ママの、その「愛されキャラ」は、亡くなったおばあちゃんにそっくりだねっ!!



「お父様は、我々がケアさせていただいている間、ずっと、しゃべり続けられて。
本当にお元気ですね。」


「えぇ~?! 父は寡黙&無口が、キャラなんですけど??」
・・・と私が、すっとんきょうな声を出すと、


「とんでもない!本当はお話しが大好きですよ。
ただ、そのぉ、お話しの内容が、高分子とか量子力学、ポリマーとかで。
ちょいとハイレベルで、なかなか着いていけない部分はあるのですが。」


アハハ、パパらしい。



「確認だが・・・リリーは、この先も、ずっと独りで生きていくんだな?
今、遺言書を書いているんだが、その回答如何で、(兄貴との)遺産配分率を考えなくてはならない。」


パパったら、そんなこと、考えなくていいよ~

今はとにかく、日々を元気に、長生きすることだけを考えて!

こんなにも、皆さん、至れり尽くせりのお世話をしてくださっているんだから。



「至れり尽くせりだと? 僕には、寄ってたかって・・・としか思えんのだが。」

も~~!!

パパも、ちょっとはママを見習って、「可愛げ」のあるおじいちゃんになってくださいっ!!!


001 5195946_291397493_1large



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる