FC2ブログ

後悔しないために・・・

「最後だとわかっていたなら」 by ノーマ コーネット マレック 


最近、この詩を初めて目にしました。

ひとつひとつの言葉が、心の琴線に触れて、そうして、涙が止まらなくなりました。


最近の私は、こんな風に、実際に、思っていて。

一瞬一瞬、一期一会が、とっても大事で、愛おしくて。


だからかな、この詩に、共感してもらって・・・そうして、背中を押してもらったように感じました。


これまでの自分・・・

感情を表に出さない事で。
本当の気持ちを伝えない事で。
強がったり、やせ我慢をする事で。

傷つけたり、失くしたりした人間関係があったこと、今更ながらに、気がつきました。

その「根底」にあったのは・・・

昔の、弱い自分と、さよならするため。
そして、自分のプライドを守るため。

もちろん、そこに至ったのには、「過去の自分の軌跡」があったからこそなのですが。


最近、いろんなことに遭遇し。
たくさんの出会いと、別れも経験しました。

明日の自分があるかもわからない。
今ある幸せが、永遠に続くとも限らない。
今日の笑顔が、明日には、涙になるやもしれない。

だから余計に、この詩の「意味すること」が、心に染み入るんです。



仕事のことも、親の看護のことも、人間関係のことも。

正直、すべてに全力投球は難しいし。
どれにも「完ぺき」は厳しいし。
誰にも100%満足してもらう…は、とってもシンドイ。


でも・・・どんなことにも、「これが最後」という時が、必ずやってくるから。

後悔しないよう・・・

今、自分が出来ることを、自分のキャパが許す範囲で、ひとつひとつ丁寧に。
素直な気持ちで、心を籠めて、こなしていこうと思っている自分がいます。



私が思わず、涙してしまった詩。

わずか10歳という若さで、突然この世を去った息子。
その息子を想い、母親が綴った詩:「最後だとわかっていたなら」。

今の私の心根そのものなので、みなさんにもシェアさせていただきたいと思います。


************************************

「最後だとわかっていたなら」
作・ノーマ コーネット マレック
訳・佐川 睦

あなたが眠りにつくのを見るのが、最後だとわかっていたら・・・
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて、神様にその魂を守ってくださるように、祈っただろう。


あなたがドアを出て行くのを見るのが、最後だとわかっていたら・・・
わたしは あなたを抱きしめて キスをして、そしてまたもう一度呼び寄せて抱きしめただろう。


あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが、最後だとわかっていたら・・・
わたしは その一部始終をビデオにとって、毎日繰り返し見ただろう。


あなたは、言わなくても、分かってくれていたかもしれないけれど・・・
最後だとわかっていたら、一言だけでもいい・・・
「あなたを愛してる」と、わたしは 伝えただろう。


たしかにいつも、明日はやってくる。

でも、もしそれが、わたしの勘違いで、今日で全てが終わるのだとしたら・・・

わたしは 今日、どんなにあなたを愛しているかを伝えたい。

そして わたしたちは、忘れないようにしたい。

若い人にも 年老いた人にも、明日は誰にも約束されていないのだということを。

愛する人を抱きしめられるのは、今日が最後になるかもしれないことを。

明日が来るのを待っているなら、今日でもいいはず。

もし明日が来ないとしたら、あなたは今日を後悔するだろうから・・・

微笑みや、 抱擁や、 キスをするための、ほんのちょっとの時間を、どうして惜しんだのかと。

忙しさを理由に、その人の最後の願いとなってしまったことを、どうして してあげられなかったのかと。

だから 今日、あなたの大切な人たちを、しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していることを。

いつでもいつまでも 大切な存在だということを、そっと伝えよう。

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を伝える時を持とう。
 
そうすれば、もし明日が来ないとしても、あなたは今日を後悔しないだろうから。

001 5195946_291419015_1large







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる