男子だってパンを食す♪

我が家の父のモットー。

「パンなどという食べ物は、女・子供が食するもの。男子たるもの、白米を食せ。」

80代まで、このポリシーを貫き通してきました。


↑の「女・子供・・・」のくだりにある、「女」に相当する母は、もちろんパンが好き。

明治生まれの祖母も、大のパン好きで。
最期に食した私の手料理が、まさにフレンチトーストでした。


リリー家の朝ごはん。

女性はパン、男性は白米・・・ときっちり分かれております。

余談ですが・・・リリー家の血液型。

女性はB型、男性はO型と、きっちり分かれております。



ところが!

最近、ちょっと様子が変わってきた。



今年の5月で、卒寿を迎えようという父が、突如、パンに目覚めてしまったのであります!!

きっかけは、国立駅構内に出来た、キレイな駅ナカ。
そこで、出会った、おしゃれなベーカリー。

おそらく、父が人生初(?)、ひとりで脚を踏み入れたベーカリーではないでしょうか。



とにかくパンが大好きで。
以前は、お気に入りのベーカリーへ、バスや電車を乗り継いでまで、
足繁く通っていた母ですが。

最近は外出もままならず、買い物は、すべて父まかせ。


正義感と責任感は、人一倍強い父のこと。

「愛する妻にパンを食べさせたい!」という想いで(?)、勇気を出し・・・
ベーカリーという、未踏の地への大きな1歩を踏み出したアナタはエライ!!!



母と過ごす、楽しみなお3時に・・・

ついに禁断の果実・・・いや、禁断のパンを口にして。
その、おいしさに秒殺されたのでしょうか??



いろいろいろいろ追求してみると・・・

ほぼ毎週、ベーカリーに通いつめて。
1度に2,000~3,000円ほど、お買い上げ~♪

パ、パンに○千円って?!

これまた、モノの値段を知らない、父らしい買い物の仕方。

そもそも父という人は、買い物の際、値札を一切見ないのであります。

無駄遣いや衝動買いをしない代わりに、必要だと思ったものには、いくらでも投資できるという、ある意味、賢いやり方と言いますか。。。

ちょっとカッコイイ!!(笑)



で、お気に入りのパンはなぁに?と、問うと・・・


「菱形の形状の断層面に、果物と黄色いゲル状のものが乗っているもの」

 →フルーツデニッシュですか?!


「あずきを煮詰めて、濾過したようなものが注入された球状のもの」

 →いわゆる、ひとつの、あんぱんですか?!


「白色の生地に、油脂がしっかりと浸透した塩分を感じるもの」

 →今流行りの、塩バターパンですか?!



ここまでくると、もはや、連想ゲーム。(笑)

まぁ、これまで、「食」に対する興味がまったく無かった父ですから~
表現が、稚拙というか、まわりくどいのは、致し方ないっか。


「ちなみに、日本で一番、パンの消費量が多いのは、京都なのよ~」と話すと・・・

目をまんまるくして、

「え?そうなのか? それは意外だ。 驚いた!  じゃあ、僕もどんどん食べよう!」と父。



父にとって、第2のふるさとである、京都。

その「京都びと」が、パン好き・・・と聞き、浮かれる父が、なんとも可愛らしい。(笑)


次に帰省した時は、私も父に、パンを爆買いしてもらおっと!

「長い棒状をした、ニンニクの風味と油脂がしっかりと浸透した、ハードな食感のもの」

・・・がよいなぁ~♪

001 5195946_2066705579_29large





スポンサーサイト
プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる