嫁入り道具♪

現在放映中のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」。

仕事があるので、なかなかゆっくり観る時間がないのですが。
「暮らしの手帖」を創刊した女性社長と編集長のお話しと知ってから、時間がある時は、興味を抱いて、ちょいちょい観るようになりました。


「暮らしの手帖」。
これは、まさに、母が定期購読していた雑誌。
毎月、本屋さんが、手渡しで配達してくれて。
まだ小学生だった私ですら、毎回、手元に届くのをワクワクしながら待っていたものです。


その「暮らしの手帖」の別冊に「ご馳走の手帖」というものがありました。
確か年に1回か2回しか、刊行されなかったと思いますが。
特別な「ご馳走」レシピと、美しい写真に溢れたページに、子どもながらに、胸を躍らせた記憶があります。


結婚して、すぐにLAに住むようになってみたら。
ほぼ毎週末、ホームパーティーに呼ばれたり、ホストになったり。
日本では、ほとんど経験したことがないような生活が待っていました。

実家では、祖母と母が毎日、手料理を振る舞ってくれたものですから、私自身、嫁ぐまで、本当に料理らしい料理をしたことがなく。

アメリカで結婚生活をスタートしてからというもの、日々の料理はもちろん、パーティー料理に悪戦苦闘していたことは、今でも記憶にも新しい・・・


そんな私のために、母が日本から送ってくれたのが、「ご馳走の手帖」でした。

001 5195946_2220738007_23large


これは、パーティー料理が、特に詰まった1冊で。。。

母の優しさに、思わず、涙が出たという想い出の1冊でもあります。

002 5195946_2220738005_112large

003 5195946_2220738003_98large

004 5195946_2220737994_48large

005 5195946_2220737986_230large

006 5195946_2220737983_228large

007 5195946_2220737980_160large


見ているだけでもワクワクするような美しい装丁。
盛り付けや、献立の参考にもなりました。

008 5195946_2220737990_92large


詳しくレシピも記されていて。
ボロボロになるまで読んだあの頃が、とってもなつかしい。。。

009 5195946_2220738001_120large

010 5195946_2220737988_248large

011 5195946_2220737974_174large

海外旅行や、パーティースタイルのコラムもあったり。
慣れない土地でのホスト役を務める際、とても参考になりました。

012 5195946_2220737972_200large

013 5195946_2220737970_144large

有名人の手料理を紹介するコーナーもあったりして。

飽きずに、ページをめくれましたっけ。


実家に帰ると、今でも、シミだらけの「暮らしの手帖」がぎっしりと本棚に並んでいます。

そして・・・
母が、「ご馳走の手帖」を参考に作ってくれた「ボルシチ」が、私は子供の頃から大好きでした。

014 5195946_2220737979_140large

015 5195946_2220737976_130large


祖母と母と3人でお出かけすると、ほぼ決まって、お昼ご飯は、銀座の「ロゴスキー」。

http://www.rogovski.co.jp/

(今でもまだ健在のようで、ホッ・・・)


いただくのは、いつも「ボルシチ」と「ピロシキ」。
そして、私が大大大好きだったのが、キノコのつぼ焼き=ポットパイ。

当時、ロシア料理にハマった家族って、なかなかに珍しかったかも??(笑)


遠い異国の地で奮闘する私を心配して、母が送ってくれた「ご馳走の手帖」。
今でも私の宝物です。

当時を想い出すと、いろんな意味で、涙が出ます。。。




スポンサーサイト
プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる