夫婦愛・家族愛♪

10月26日に、父が無事退院いたしました。

入院したばかりの頃は、食事をほとんど摂らなくなってしまった母のことが
心配でしたが。
父の退院日が決まった途端、急に、シャンとしたから不思議です。

父は父で、朝・晩2回、毎日必ず、病院から母に電話。
入院中の父が、むしろ、自宅の母の体調を心配している。

ふたりのやり取りを、何度か、すぐそばで聞く機会がありましたが、
さすが、数年前に金婚式を迎えた夫婦だけのことはあるなぁと。

もはや、互いが互いの分身なのですネ。

■相手の痛みは、自分の痛み。
■相手の元気は、自分の元気。
■相手の哀しみは、自分の哀しみ。
■相手の喜びは、自分の喜び。

我が親ながら、ステキな夫婦愛だなぁと感じました。


今回の一件を機に、両親の介護認定を受けることにしましたが、
母の担当となってくれたケアマネさんが本当に頼りになる方で!

私たち家族、すごく救われております。

兄と同じくらい、日々、ケアマネさんと連絡を取り合い、小さなことでも相談に乗っていただく。
困り事、悩み事は、彼の適切な判断と、コネクションとで即解決。

介護に直面しますと、ケアマネさんとの「相性」も大事ですね。


ちなみに、父の体力が回復したら、夫婦仲良く、週1ペースで、デイサービスにも
行ってもらおうと、今からケアマネさんと画策中。

最近のデイサービスは、実にさまざまなスタイルがあるようで。
両親にぴったりのサービスを勧めてくださいました。


・集団行動が苦手な父が、みんなとワイワイ陶芸や折り紙をするはずもなく。

・はにかみ屋の母が、カラオケやダンスに興じるはずもなく。


ということで、「ジム」のような場所で、リハビリ&リラックスできるデイサービスへの通所を検討しています。

軽い運動&脳トレをした後は、理学療法士さんがマッサージ。
身体の痛み、歪み、凝りをほぐしてくださるそう。
リラックス効果のあるアロマテラピーまでしてくださるというから驚きです。

そんなデイサービスなら、私が行きたいわ!(笑)



とはいえ、高齢夫婦ふたりきりの生活ですから・・・

身の回りのことは、ヘルパーさんに。
体調管理は、訪問看護士さんに。

もうしばらくは、私たち以外の方々の助けもお借りしながら、両親の「見守り」が必要で。

私たちきょうだいも、仕事と介護の両立となりますが。


「自分たちで出来ることは、自分たちでやる。」

自分たちにもまだまだできることがあるんだという「自信」をつけさせるべく、
付かず離れずの、ほどよい距離を保ちながら、家族みんなでサポートしていきたいと思います。

もちろん、私自身も、しんどい時は、しんどいと言い、休ませてもらいますよ~
長丁場ですからね!!



大晦日の父の大怪我にはじまり、波乱万丈な2015年も、残りあと僅か。

お正月を無事に迎えられたら・・・
厄除け祈願をして来ようと思います。

大変なこともありますが、今回、改めて、「家族愛」のようなものも確認でき。
それはそれで、とても幸せです♪


204 IMG_8292


スポンサーサイト
プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる