カラスを食べました♪

職場に「カラスを食資源として活用できないか?」をテーマに、日々、研究を進めている先生がいます。


人との摩擦の多いカラス、嫌われもののカラス。

多くのコストがかけられ、捕獲されていますが、捕獲されたカラスのほぼ100%が、
ただただ、処分されているのが、現実。

それを一部でも食資源として、有効利用してはどうか・・・と考えたのが、
この研究の始まりだそう。


いわゆる「害獣」とされるシカやイノシシの一部は、ジビエ料理として有効利用されていますが、
多くは、カラスと同じように、ただ処分されているのが現状。
(ジビエとしては、約10%程度しか利用されていないとのこと)

コストをかけて捕獲しても、ただただ捨てるだけ・・・とは、なんとも勿体ない話ですね。



さて・・・
先生がそもそも「カラスを食資源として活用できないか?」という研究を始めたのも、
カラス肉には「食材としての可能性」があることを突き止めたから。

カラス肉には、鉄分やタウリンが、豊富に含まれていて。
韓国では、滋養強壮の漢方として人気があったようです。
韓国で、あまりカラスが見られないのは、韓国人が、食べてしまったからだとか。(笑)


とはいえ、カラスを食べることに、抵抗を感じる人は多いと思います。
なんでもかんでも食べてしまう雑食のカラスは、安全性も心配ですし、イメージも悪い。

でも、そんなカラスを食べるという高い高いハードルを越えることにこそ、
この研究の意義があるそうなんです。


・カラスと人との関わり合いに関する文化的調査
・カラス肉の栄養学的試験
・カラス肉の安全性の証明

以上が、研究のメインテーマ!

そこで、まず、長野県の、リンゴを主食とするカラスを捕獲→肉の成分を分析→安全性の確認→調理→試食会の実現・・・と相成りました。
(都会のカラスは、それこそ、雑食で、危険らしい・・・)

試食会は、普段、仕事をしているオフィス内で開催されましたので、私も、おそるおそる(?)、
参加してみましたよ。
参加条件は、事後アンケートへの回答ということで。



この日いただいたのは、カラス肉の燻製。

・ゆず胡椒味
・赤ワイン&ハーブソルト味
・カレー味
・塩麹味
・醤油味

以上の5種類を食べ比べ、どの味つけが、ベストマッチングかを、評価。

ちなみに、飛ぶことを主とするカラスは、ほとんど脂肪がなく、1羽から取れる肉は
ほんの100グラム。
しかも、胸肉オンリー。

早速、5種類を、じっくり試食させていただきました!


生まれて初めて食べるカラス肉の燻製のお味は・・・

・ささみのような淡泊感。
・ビーフジャーキーのような噛み応え。
・噛みしめていると、じわじわやってくる独特の臭み。


正直、もっともっと・・・と食指が動くような味ではありませんでした。


それでも、ゆず胡椒味が、一番、美味しく感じられましたが、飲み物無しではとてもとても・・・



ただ、人間の味覚とは、不思議なもので。

それが「カラス肉」だと思うから、実際の味より、先入観だけで、「マズイ」と思ってしまったのかも。

もし、それが「鴨肉」の燻製だと言われたら・・・
もし、それが「葉山牛」の燻製だと言われたら・・・

「美味しい」と、パクパク食べられたかも・・・しれません。




試食会後のアンケートに、

「どんな効果があれば、このカラス肉の燻製を買いますか?」
「いくらだったら、このカラス肉の燻製を買いますか?」

という質問がありました。


ひとかけのカラス肉に、ものすごいコラーゲンが含まれていて、食べただけで、アンチエイジング効果絶大!ならば、クスリだと思って食べるかなぁ。

コンビニのおつまみコーナーに、お試しサイズ・100円で売っていたら、話のネタとして、
買ってみるかもなぁ。


日本人は、ハブやまむしでさえ、アルコール漬けにして、その栄養分を余すことなく、摂り入れるような人種ですから。

カラス肉に、ものすごい付加価値があれば、もしかしたら、売れるのかな?


そんなことを思いつつ、先生の研究の成功を祈りつつ・・・

道端でカラスを見ても、「美味しそう」とは、まだまだ思えない自分がいます。

でも、先生の「カラス肉の食源化」への努力は、半端なく・・・
お料理も得意な先生ですので、カレー、餃子、赤ワイン煮と、レシピの開発にも余念がありません。

先生の努力が、いつか実を結ぶ日が来ますように♪



皆さんは、カラス肉が食資源化されたら、食べてみたいと思いますか?




夏真っ盛り。
お帽子を被らない富士山も、暑そうです。

001 5195946_1332772805_68large


みなさんも、夏バテに気をつけて、くれぐれもご自愛くださいね。




201 IMG_7822


スポンサーサイト
プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる