空を見上げて♪

横浜から車で20分ほどのところに、「三渓園」という庭園があります。

001 5195946_2159267732_243large



現在「三渓園」は、国指定名勝となっていますが、そのはじまりは、生糸貿易で財を成した
横浜の実業家・原 三渓(富太郎)の元邸宅。


原 三渓は、京都や鎌倉から、歴史的に価値のある建築物を、本牧の自邸に移築。

明治39年(1906)、「三渓園」として、一般に公開しました。


東京ドーム4個分の175,000㎡の園内に、17棟(うち10棟は重要文化財)の古建築物が
集められ。
四季折々の自然の景色の中に、実に美しく、配置されています。


というのも・・・
原 三渓という人は、貿易商でありながら、”美的感覚”も研ぎ澄まされた人で。

「三渓園」を造る際にも、細かな計算をし尽くして、し尽して造園。

その美的センスに惹かれ、美しい庭園には、芸術家や文学者も多数、訪れたと
言われています。


そんな「三渓園」を久々に訪れてみました。

002 5195946_2159267714_50large

003 5195946_2159267701_29large

004 5195946_2159267699_49large

花菖蒲が美しい季節・・・

005 5195946_2159267728_109large


大池に浮かぶ小舟。
以前訪れた時も、この位置にありましたっけ。

006 5195946_2159267688_161large

007 5195946_2159267689_7large

■旧燈明寺三重塔:康生3(1457)年建築
京都・木津川市の燈明寺から移築。
関東で現存する木造の塔としては、最も古いものだそうです。


008 5195946_2159267723_206large

■鶴翔閣:明治42(1909)年建築。
三渓が、自身の住まいとして建てた家屋。
横山大観など、原 三渓と交流のあった文化人がここに出入りしたそうですよ。
今は、結婚式場としても、開放されています。


009 5195946_2159267687_239large

■蓮池
蓮の季節には、見事な花が咲くのでしょう。


010 5195946_2159267686_241large

■亀さん
自然体の姿に、なんだか、ほっこり癒されます。


011 5195946_2159267683_215large

■御門:宝永5(1708)年建築
京都・東山から移築されました。


012 5195946_2159267676_209large

013 5195946_2159267674_24large

014 5195946_2159267673_110large

■白雲邸:大正9年建築
三渓が、夫人と共に過ごした隠居処。
長閑な夫婦の会話が聞こえてきそう♪


015 5195946_2159267662_92large

■臨春閣:慶安2(1649)年建築。
江戸時代初期の紀州徳川家が建てたと言われる別荘を移築したもの。
京都・桂離宮と対比される別荘建築様式だそうですよ。
こんなところで、静かに夏を過ごしてみたいな。


016 5195946_2159267669_210large

■旧天瑞寺寿塔覆堂:天正19年建築
豊臣秀吉が、京都・大徳寺に母の長寿祈願のために建てさせた、生前墓を納めるためのお堂。


017 5195946_2159267655_116large

■蓮華院
三渓デザインの茶室。


018 5195946_2159267664_2large

019 5195946_2159267645_75large



柔らかな木漏れ日と、頬を撫でるやさしい風が、本当に心地よい日でした。



最後に三渓園を訪れたのは、まだ息子が幼稚園の頃。

当時、三渓園のほど近くに住んでおりましたので、息子とふたり、車でしばしばこの地を訪れ・・・
午後や、休日のひと時を、親子で楽しく過ごしたものです。

広い園内は、走り回りたい盛りの息子には、絶好の場所でした。

でも私自身は、やんちゃ盛りの息子のあとを追いかけるばかりで、こんなにもゆっくり、三渓園の美しい景観を愛でる余裕もなく。

020 5195946_2159267671_230large

021 5195946_2159267653_226large

022 5195946_2159267675_160large

023 5195946_2159267649_135large


空を見上げて、のんびり歩く時間は、初めてでした。


ちなみに、 金沢の「兼六園」は広さ約3万坪。
「三渓園」は広さ約5万3千坪で、約1.5倍も広い!


横浜市内から程近く、春・夏・秋・冬、趣の違いを味わえる「三渓園」。

関東の方にも、県外の方にも、とてもお勧めのスポットです。
大人になったからこそわかる、侘び・寂びの世界が、ここにはあります。



001 IMG_7449 (2)


スポンサーサイト

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる