宝物♪

2012年・・・

いろんな意味で、私にとって忘れられない1年になりました。

決して、良いことばかりの年ではなかったけれど。
ひとつだけ、とても嬉しかったことが・・・


それは・・・息子のひとり立ち。

この春、大学を卒業し、社会人になりました。


ワケあって、5歳の頃から、離れ離れに暮らしていたけれど。
心は、いつも寄り添い合っていました。


心が近い・・・というのは、本当に幸せなことで。

大切なのは、距離でもなく、一緒に過ごす時間の長さでもなく・・・
関わる関わり方の「質」や「密度」。

離れていても、相手が何に悩み、何を想い、何を目指しているかを感じ。
喜怒哀楽を共感しつつ、共に歩む・・・

愛するということは、「互いに見つめ合う」ことではなく、
「共に同じ方向を見つめる」こと。

息子とは、そんなことを暗黙のうちに、認め合ってきた気がします。



苦しくて切なくて。
胸が張り裂けそうになるくらい辛い時期もありました。

でも、それは息子も同じで。

もしかしたら、私たちは、互いが互いの心を映す「鏡」であったのかもしれません。


私の母校へ進学し。
大学卒業後は、やはり同じように商社へ就職。

マイペースで、ひと一倍、負けず嫌い。
だけど、案外繊細で、涙もろい・・・

ふとした瞬間に、自分にそっくりな側面が見えたりします。



今年、息子が初めてのお給料でプレゼントしてくれたマッサージクッションは、私の宝物。

001 5195946_1661665621_96large

002 5195946_1661665605_173large


疲れた心と身体を、毎日優しく解きほぐしてくれます。





息子へ・・・

小さい頃からそうであったように
「人の痛みが分かる」
「相手の気持ちが汲み取れる」
大人でいてください。


ちょっと、ビビリなところもあるアナタ。
どうか、失敗を恐れずに・・・
人生に失敗がないと、人生を失敗するからね。


そして「夢」を持ちなさい。
「成功しよう」とするより、「夢を叶えよう」と思える人生のほうが、
ずっとずっと楽しいから。



いくつになってもアナタは私の宝物。


003 5195946_1859128826_143large


お年玉、もう要らないね。(笑)


スポンサーサイト
プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる