隠れ家レストラン♪


9月21日の台風15号、皆さんの地域は大丈夫でしたか?

職場は、正午前に、全員帰宅命令が出たので、
私は雨風共にピークとなる前に無事、帰ることが出来ましたが、
関東全域交通網が麻痺し、大混乱の1日になりました。


今年は自然災害の多い年のような気がします。

自然の「威力」を今回も思い知らされました。
自然を前にして、人間は「無力」であることも・・・


「誰が悪いわけでもなし、でも、この怒りをどこにぶつけていいのやら…」

外出先で足止めされ、そんな想いで過ごされた方も多いはず。
被害に遭われた方には、心からお見舞い申し上げます。




さて・・・

台風の足音が、じわじわと近づいてきた9月20日(火曜日)。

以前から気になっていた逗子の「隠れ家レストラン」へ行ってきました。

この日は、「ワインアドバイザー」の肩書きを持つ、
逗子の老舗酒屋の社長さんも同席。

初対面の方とのお食事・・・ということもあり、
かな~り緊張しつつ、お店へと向かいましたが・・・


001 5195946_1332772622_137large

こんなにも愛らしい看板に迎えられたら、不安も一気に吹き飛びました。


お店の名前は、asile

002 5195946_1332772620_165large

http://www.funter.net/japanese/gourmet/restaurant/asile.htm


フランス語で「隠れ家」とか「心和む場所」という意味とのこと。


逗子のメイン通りの中程に、ひっそりと佇むお店は、
まさにそんな店名にぴったりの雰囲気でした。

店内は、ブルーと白を基調にした清潔感溢れるしつらえ。
こじんまりとした空間に、マスターのセンス溢れるインテリア。


003 5195946_1332772600_1large


「いらっしゃいませ」

一見、学者さんのような風貌のマスターがカウンターの奥から
声をかけてくださいました。

なんでもフランスで修業し、帰国後、イタリアンをお勉強されたとのこと。

どんなお料理を出していただけるのか、わくわく。

デイナータイムは、このマスターが、シェフ&ウエイターで
がんばっていらっしゃいます。

妙に落ち着くのも、店員さんが、マスターひとりだからかな。

004 5195946_1332772604_126large

まるでお家で晩ご飯をいただくような、ほのぼのとした雰囲気。



スタートは、社長さんオススメの、ドイツのリースリングワイン「PRINZ」(辛口)。

005 5195946_1332772616_16large


底に、こうやって、いつまでも気泡が残るって、
ものすごく希少なんですって。

006 5195946_1332772561_127large


「社長さんのワインに対する造詣は、相当に奥深い!」と、
瞬時にわかりました。



「この白にぴったりの料理を頼むよ。」


マスターにも同じワインを呑んでいただき。

マスターの「料理人としての感性」を信じ、料理を一任する。

う~ん、なんて、贅沢な時間!


この白には、このお料理。


007 5195946_1332772597_56large

※レンズ豆のサラダ

プチプチとした食感がとっても美味しいヘルシーサラダ。



008 5195946_1332772585_171large

※キッシュ

「キッシュって美味しい食べ物だなぁ」と、純粋に思える一品。



次なるワインは・・・

社長さんイチオシ、2000年の赤。

まさに、今日が飲み頃の1本。
来週になると、みるみるうちに味が落ちてしまうんですって。

社長さんのお話を伺っていると、ワインって「生き物」って思えます。

デリケートで、わがままで。
でも、構って貰えないと拗ねてしまう。
ある意味、ワインって、「魔性の女」かしら?



社長さん、滅多に手に入らない、かなりのレアものを、
この日の食事会の為に、わざわざお店からお持ちくださいました。

009 5195946_1332772579_6large

こうしてデキャンタまで持参して。


アフターが、いつまでも残る、フルボデイのまさに絶品ワイン。

社長さん、とてもステキな講釈を聞かせてくださいました。

・・・が。
あまりの美味しさに酔いしれて、ほとんど覚えておりません、はい。


そして・・・
ここでも、マスターに試飲いただき。


「これに合う料理、任せるよ」

で、運ばれてきたお料理がこちら。


010 5195946_1332772575_11large

※フォアグラのバターソテー

言わずもがなの美味しさ。
口に入れた瞬間にとろけ、そして、溶けました。 
添えられたイチジクのジャムがフォアグラの旨味を引き立てて。



011 5195946_1332772565_241large

※鴨のコンフィ

豪快な骨付き肉。
ほどよい塩加減で、皮はぱりぱり!
お肉は中までしっかり味がついていて、且つジューシー。 



012 5195946_1332772562_181large

※和牛ほほ肉の赤ワイン煮

どう調理したら、こんなにも柔らかく、コク深くなるんだろう。
感動の1品。



013 5195946_1332772549_163large

※フランスパン&ハム
最後に少しだけパンを・・・とお願いしたら、
美味しいハムも添えてくださいました。   


そして・・・やっぱり外せないのが、ドルチェ(デザート)!

相方さんは、ガトーショコラを。
(写真、撮り忘れました!)
チョコレート、生クリーム、卵、砂糖のみの材料で
なぜに、ここまで美味しくなるのか・・とびっくりしたほどの
絶品。


私は、アプリコットタルト。

014 5195946_1332772546_228large

上質なバターの香りがするタルト生地。
評判通りの美味しさでした。



「もう1本、ワインを開けよう!」と言う社長さんをなだめて。

今夜のお食事会は、ここでお開きに。
私達は、次の日もお仕事ですからネ。


別れ際、社長さんから
「次は、各国大使館での試飲会へご招待しましょう」
とのお言葉をいただきました。


「えぇ!それには先ず、お洋服から揃えないと~」

大人のおつきあいって、それなりに大変ですわ。


焼き鳥と生ビールも大好きだけど。

こういうしっとりとした食事会も、いい刺激になる。


高尚なお話は、心を豊かにしてくれるし。

尊敬出来る方々との会話は、自分自身をも高めてくれる気がする。


そんなリッチな気分になれた、ステキなステキな一夜でした。

asileのマスター、○尾社長!

美味しいお料理、そして、素晴らしいワインをご馳走さまでした。

また、必ず、伺います。



素敵なお店に溢れた逗子という街が・・・
益々、好きになってしまいました。

201 IMG_5676


スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる