夏の日に・・・♪

息子が6月にミャンマーから帰国しました。

とはいえ、あくまでも、一時帰国で。
都内の会社借り上げマンションに仮住まいしながら、月の半分以上、ミャンマーに出張・・・
という、忙しい日々で。

マンションには、テレビも冷蔵庫も電子レンジも無いという、なかなかにサバイバルな(?)
生活を送っています。(笑)


目の中に入れても、痛くないほど愛おしい孫の帰国を心待ちにしていた両親・・・

家族全員が集う、久しぶりの食事会をして参りました。



今回、選んだお店は・・・

現存するホノルルの最も古い料亭「夏の家」(創業90年以上)の姉妹店、
「夏の家(なつのや)」@国立。

息子が、「久しぶりに和食が食べたい!」と言うので。


なんでも、オーナーさんが、築83年の民家をご友人から譲り受け。
13年前に、国立の地に、懐石料理のお店をオープンしたとのこと。


001 5195946_2260908457_142large

002 5195946_2260908575_158large


趣のある門をくぐり抜け、本当に、どなたかの「お家」を訪ねるかのように、玄関の呼び鈴を押します。

すると、和服姿の女性がふたり、三つ指をついて、ていねいお出迎え。


今回は、「特別の日」ということで、お庭に面した、一番広い和室をご用意いただきました。

003 5195946_2260908570_32large

004 5195946_2260908563_48large


「おめでたい日ということでしたので、金屏風もご用意いたしました」と、女将さん。

005 5195946_2260908569_55large


金屏風とお庭を眺めながらお食事・・・だなんて、最高に贅沢だわ~(^^♪


006 5195946_2260908559_117large


ナプキン代わりに、ハワイの「夏の家」さんをイメージした、和手ぬぐいが。
こちらは、お持ち帰りOKとのこと。
よい記念になりますネ。


ランチのコースですが、もちろん、アルコールで乾杯です!

この日いただいたお料理はこちら。

007 5195946_2260908549_141large

008 5195946_2260908545_34large

009 5195946_2260908537_120large

010 5195946_2260908535_205large

011 5195946_2260908533_184large

012 5195946_2260908501_95large

013 5195946_2260908498_200large

014 5195946_2260908494_95large


旬の食材がふんだんに使われ、薄味で、しっかり素材の味を活かしており。

器も、有田焼きや伊万里焼きと、大変凝ったものが使われていました。

飲み物やお料理を運んでくださるタイミングも絶妙で。
食材や、いただき方の説明にも、細やかな配慮や気配りが、伺えました。


両親は、この日も、普段以上にビールとワインをいただき。
すべて、キレイに完食してくれて・・・それが、すごく嬉しかった♪


015 5195946_2260908479_248large

016 5195946_2260908478_108large

017 5195946_2260908566_120large


懐かしい「昭和」の造り・・・年季の入った天井や天袋、柱や梁、京壁、そして、床の間。

そういえば、国立の実家にも、同じような「しつらえ」が、ここかしこにあります。

今どきのお家には、まず見られないですよね?

018 5195946_2260908483_244large

019 5195946_2260908459_149large


だからかな・・・まるで、夏休みに「おばあちゃんの家」に遊びにきたような感覚で。

家族水入らずの、幸せなひとときを、心底、リラックスしながら楽しむことが出来ました。


020 5195946_2260908497_197large


こちらは、私から、サプライズで父にプレゼント!

息子を交えての、「卒寿」のお祝いは、今回が、初めてでしたので・・・
改めてのお祝いということで。

心臓発作(?)を起こされても困りますので、ろうそく消しは、息子がお手伝い。
カワイイ孫と一緒に、うれしそうに、ふぅぅぅぅ~♪



いくつになっても、おじいちゃん、おばあちゃんに、とてもとてもやさしい息子。

ミャンマーの歴史や文化、政治、経済、人々の暮らしや風習、そして、ミャンマー語を、淀みなく、はきはきと語る彼は、もうすっかりミャンマーの人でした。(笑)

いや、正確には、「ミャンマーを愛する人・・・」に、なっていました。


「出来上がった大国で、既存の仕事をこなしていくより、発展途上の国で、未知の領域を、自分で考えて、自分で作って。
その国が、まるで赤ん坊の成長みたいに、1日、1週間、1ケ月、1年単位で、ぐんぐん発展していくのを、日々、肌で感じながら過ごすって・・・
こんなやりがいのある仕事はないよ。
今、すごく楽しいし、毎日、本当に充実しているよ。 だから、安心してネ。」


我が息子ながら、本当に、頼もしく、そして、誇らしく思える自分がいました。

両親も、兄貴一家も、眩しそうに、目を細めて。

1年半で、すっかり、「懐の深い」大人になった息子を眺めていました。



そんな息子も、来る11月3日の大安吉日に、結婚の運びとなりました。

ミャンマーと日本を、行ったり来たりしながらの結婚式の準備となりそうですが・・・
とてもシアワセそうです☆


息子の門出と、家族みんなの健康と幸福を願っての、夏の1日@国立。


家族とのシアワセダイアリーのページが、またひとつ増えました。(*^-^*)



スポンサーサイト

家族みんなで口福時間♪

ゴールデンウィーク真っ只中の5月4日。

家族全員、国立の実家に集合。

元旦以来、久しぶりに、みんな揃っての楽しい食事会をして参りました。

001 5195946_2214637155_79large


食事会の会場に選んだのは、国立にある老舗のフレンチレストラン。
大学通り沿いの、少し奥まった場所に、そのレストランはあります。

昭和2年に建設された洋館。
もとは軍艦「赤城」艦長だった、海軍大佐・野島新之丞の邸宅。

海軍さんといえば、逗子、葉山、横須賀に居を構える方が多い中、なぜ、国立に?

なんて、疑問は残りますが・・・
戦後は、一時教会にもなったらしいです。

海軍兵学校出の父は、私が子供の頃から、この洋館を「艦長の家」と呼び、ずっと親しみを感じていたようです。


002 5195946_2252565996_228large

003 5195946_2252565993_231large



お正月から、たくさんのお祝い事が重なっていたので、この日は、特別に個室を予約。

004 5195946_2252565990_24large


柔らかな5月の日差しが降り注ぐテーブル。

家族それぞれに宛てたメッセージカードを用意していただきました。

005 5195946_2252565988_245large

006 5195946_2252565987_145large



母、兄貴、私、姪っ子のバースデー。
姪っ子の卒業・就職祝い。
両親の結婚記念日。
いつも尽くしてくれる義姉への感謝。

そして、何より、家族みんなが末永く、健康で仲良しでいられますようにとの想いを籠めて。


007 5195946_2252565978_199large


この日は、特別な日のディナーをお願いしました。


■乾杯のシャンパン
008 5195946_2252565976_100large


「あら、これ美味しいわ。 フルーツのサイダー?」と、一気に呑み干す母。

天然・・・(笑)


■オードブル
009 5195946_2252565971_153large


家族みんなが大好きな蟹~♪
舌平目のパイ包み焼きと、のど越のよい、ホタテのココット。


010 5195946_2252565965_69large


フレンチレストランでも、「とりあえずビール」を欲する兄貴。


■うすい豆のポタージュ
011 5195946_2252565964_215large


「うすい豆って、どれだけ薄いのかしらね? 薄くても、お味は濃くて美味しいわ。」

これまた、母の天然発言。(笑)


■海鮮カルパッチョ
012 5195946_2252565960_106large


特に、大トロが絶品。 そして、フルーツのように甘いトマト!
グラスの下には、ハイビスカスの冷たいリキュールが入っています。

013 5195946_2252565961_77large




すでに、ワイン2本目をポン!!

014 5195946_2252565953_102large


みんな本当によく呑むんです。 両親も顔色ひとつ変えずにクククっと。


■オマールテールのグリルと銀鱈のフリカッセ
015 5195946_2252565948_154large


ここまでで、結構なボリューム。
89歳と83歳の両親には、ちょっと量が多くないか・・・と、シェフが心配して、声をかけてくださいました。

が、ふたりとも「ノープロブレム!」


016 5195946_2252565969_37large


ステキなパン皿には、さりげなく、国立駅舎があしらわれています。


■お口直しのシャーベット
017 5195946_2252565947_226large



■山形牛サーロインのグリルとフォアグラのソテー
018 5195946_2252565946_200large

019 5195946_2252565945_160large


フォアグラをソース代わりに、ステーキをいただくって初めて!

あまりにも美味しくて、最後に、もう1本だけ、ワインを空けました。



デザートには・・・
それぞれへのお祝いメッセージを添えて。

020 5195946_2252565944_199large

021 5195946_2252565943_135large


022 5195946_2252565932_226large

ほろ苦いコーヒーの美味なこと!

023 5195946_2252565931_35large


カップにも国立駅舎が。
このカップ&ソーサー、欲しいなぁ。



17時からスタートしたディナーでしたが、気が付くと、時計は、21時半を指していて。

「時を忘れるほどの楽しい時間」ってこういうことなんだなぁとしみじみ。

時間をかけて、ゆっくりゆっくりいただいたおかげで、両親も↑のフルコースを、キレイに食べてくれました。

たくさんたくさんうれしいお祝い事が重なりましたが。

私は、ふたりが美味しい美味しい・・・と、モリモリ食べてくれたことが、本当に本当にうれしくて。

きっと、この夜の、口福なディナーのことは、一生忘れないと思います。



1年半のミャンマーでの研修生活を終え、来月初め、息子も帰国の運びとなりました。

目の中に入れても痛くないほど、かわいくて愛おしい孫との再会が、今の両親には、生きる張り合いになっているみたい。


父と母、そして、家族みんなが笑顔になれる食事会を、またいっぱいいっぱい企画しよう!


とてもシアワセな、5月の1日となりました。


024 5195946_291419007_1large


至れり尽くせり♪

今年90歳と83歳になる、父と母は、実家のある国立でふたり暮らし。

とはいえ、本当の夫婦水入らずの生活になったのは、10年前、祖母が亡くなってからですので、ある意味、また新婚生活のやり直し(?)みたいなものかしら。(笑)


だからかな・・・
たぶん、おそらく、お互い、相手が好きで好きで、心配で心配で、愛おしくて愛おしくて。

両親は、万が一、どちらかが、先に逝くようなことがあったら・・・
そのあとを追うように、どちらかも逝くような予感がしています。


1年半前、父が肺炎で倒れ、入院した時・・・
母は、ちょっとしたプチパニックになってしまって。
ごはんを一切、食べなくなってしまいました。

それを機に、介護認定を受け・・・
今では、毎日、本当に手厚い介護支援をいただきながら、日々を安全に過ごしています。



本来であれば、娘であり、独り身の私が、両親の元で、ふたりの世話をすればよいのでしょうが。

「独り身」ゆえ、自分自身の将来のことも見据えて、できるだけ長く、仕事もしなければならず。


幸い(?)、この4月からも、今の仕事を継続できることになりましたので、
もうちょっとだけ、両親には、ふたりだけの生活を続けてもらおうと、決めました。


というわけで、先日、向こう1年間の、両親のケアプランミーティングに参加。

この日、実家に集合したのは・・・
主治医、ケアマネ、訪問介護所長、ヘルパー、介護用品スタッフ2名、訪問看護士、訪問薬剤師、デイサービス相談員の計9名。


こんなにもたくさんの方々が、両親の生活を支えてくださっているのかと思うと、本当にありがたくて。

気が付けば、私、ずっと頭を下げていましたっけ。(笑)


とにかく、たくさんたくさんお話しして、以下のプランに決めました。

■月曜日~日曜日の午前~午後
ヘルパーさんが、掃除、洗濯、ゴミ捨て、ゴミの分別、買い物、料理、入浴介助、外出時の送り出しを。

■水曜日
訪問看護士さんと訪問薬剤師さんが、体調とクスリの管理を。

■木曜日
母が、デイサービスへ。 買い物、ガーデニング、食事、入浴。

■金曜日
父が、デイサービスへ。 運動機能回復の全身運動メニュー。

■ケアマネさんは、ほぼ毎日、ご機嫌伺いに来宅。

■主治医は、必要に応じて、ほぼ毎週、往診。


こうして、毎日、誰かしらが、両親のサポートをしてくださることに。

実家から、遠く離れたところに住み、且つ、フルタイムで仕事をしている私にとって、本当に本当にありがたいサービスです。



この日のミーティングで、サポートチームが一同に顔を合わせた際、みなさんが口々に言ってくださった言葉。

「お母様は、本当にいつもお優しくて。 笑顔が可愛らしくて。 」

「ありがとう、ご苦労さま・・・って言葉をいつもかけてくださるので、私たちも元気が出ます。」

「お母様から、お孫さんたちのお話しを伺うのが、とても楽しみなんですよ。」



ママの、その「愛されキャラ」は、亡くなったおばあちゃんにそっくりだねっ!!



「お父様は、我々がケアさせていただいている間、ずっと、しゃべり続けられて。
本当にお元気ですね。」


「えぇ~?! 父は寡黙&無口が、キャラなんですけど??」
・・・と私が、すっとんきょうな声を出すと、


「とんでもない!本当はお話しが大好きですよ。
ただ、そのぉ、お話しの内容が、高分子とか量子力学、ポリマーとかで。
ちょいとハイレベルで、なかなか着いていけない部分はあるのですが。」


アハハ、パパらしい。



「確認だが・・・リリーは、この先も、ずっと独りで生きていくんだな?
今、遺言書を書いているんだが、その回答如何で、(兄貴との)遺産配分率を考えなくてはならない。」


パパったら、そんなこと、考えなくていいよ~

今はとにかく、日々を元気に、長生きすることだけを考えて!

こんなにも、皆さん、至れり尽くせりのお世話をしてくださっているんだから。



「至れり尽くせりだと? 僕には、寄ってたかって・・・としか思えんのだが。」

も~~!!

パパも、ちょっとはママを見習って、「可愛げ」のあるおじいちゃんになってくださいっ!!!


001 5195946_291397493_1large



2017年最初のご馳走♪

2017年が、穏やかに明けました。
皆さま、それぞれに、お正月を楽しまれたと思います。


私の元旦は、今年も「家族みんなで外ごはん」。

「元旦はステーキ」が、恒例となっておりましたが、今年はちょっと趣向を変えて・・・
両親を、どうしても連れて行きたかった、国立の隠れ家的なレストランへ行って参りました!

001 5195946_2120083596_213large

実は、元旦は休業・・・だったのですが、シェフと交渉して、特別に営業していただくことに。

高齢の両親にとって、今、一日一日が、とても大切だから。
そんな両親との時間が、今の私には、とてもとても貴重だから。

なんとしても、このレストランでお食事をしたかったのです。


002 5195946_2240204914_74large

003 5195946_2240204915_128large


無理を言って開けていただきましたので、お客は、もちろん、私たち家族のみ。
ステキな空間も、心なごむクラシックのBGMも、シェフのお料理も・・・
すべて独占です。(笑)


前菜から、目でも楽しませてくださいました。

004 5195946_2240204913_208large

005 5195946_2240204912_10large

大好きな天使の海老! お久しぶりでございます。

006 5195946_2240204910_8large

母は、大好きなオマール海老のパスタを。

007 5195946_2240204911_70large

父と私は、生ハムとチーズのパスタをチョイス。

008 5195946_2240204909_22large

自家製の美味しいフォカッチャで、ソースも余すことなくいただきます!


009 5195946_2120083579_186large

実は、お肉大好きな母は、迷わず、ビーフシチューをメインに。

010 5195946_2120083581_88large

父は、真鯛のソテー。

012 5195946_2240204908_167large

私は、オマール海老とホタテの蒸し料理をメインにいただきました♪


013 5195946_2240204905_26large

デザートも新春らしく、本当に愛らしい。


ドライバーの義姉を差し置いて(?)、両親、兄貴、姪っ子、私で、シャンパン1本、ワイン2本を、見事に空けてしまいました!


美味しいお料理が起爆剤になって、家族の会話も弾む弾む!

何より嬉しかったのは・・・
最近、食が細くなり、逢う度に小さくなっていく両親が、
「美味しい美味しい」と、すべてのお料理を、キレイに完食してくれたこと。


いい親孝行が出来ました・・・


あと、何回、こうして、両親を囲んでの外食ができるかわからないけれど。
またみんなで食事に行こう!

来年のお正月には、家族が、もうひとり増えているかも??



翌日は、地元のお寺へ、恒例の初詣に。
014 5195946_2240239266_217large


家族みんなの健康と幸せを祈り、心を籠めて、鐘も突いて参りました。
015 5195946_2240239268_55large


おみくじは・・・
016 5195946_2240239251_75large


大吉!

「お助けをこうむって 福徳増し、なお日に進んで、望み事は心のままになる。
しかし、それについて、心驕り、身を持ち崩して、災いを招く恐れあり。
心正直に、行い正しく、身を守りなさい。」

はい! しっかりと、心を引き締めて、感謝の気持ちを忘れずに。
謙虚に生きて参ります。


とてもよいお正月を過ごせました。


皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

実りの秋♪

実りの秋ですねぇ。

実家に居た頃は、お3時や食後のデザートに、旬のフルーツを欠かさず、食していたものでしたが。
ひとり暮らしになった今は、ほとんどいただかなくなってしまいました。(苦笑)


さて、皆さん、「ポーポー」という果物をご存知でしょうか?
あとで知ったことなのですが、どうやら北米原産の果実で。
明治の頃、日本に入り。
害虫にもとても強いということで、家庭の庭でも無農薬で育てられる「果実の生る庭木」だったようです。

https://horti.jp/9754


このポーポー、私が子供の頃、実家の庭にたくさん植わっていました。

秋になると、ポトンポトンとポーポーの実が落ち。
ここかしこに、あま~い香りが。。。

我慢出来ず、思わずお玄関先で、甘く熟したポーポーを、祖母や母と、仲良く食べたものでした。

お味は・・・
熟しきったバナナにカスタードクリームを混ぜたような??
そう、かな~り甘い果物でした。
だからかな、我が家の男性陣は、あまり食指が伸びていなかった記憶があります。

とにかく、日持ちがしないので、食べきれないポーポーは、ご近所さんにおすそわけ。
それでも、有り余るほどの量のポーポーが収穫できました!

今は無きポーポーの樹・・・懐かしい!


その他、実家の庭では、この時期、栗や柿も採れましたっけ。

収穫したての栗を、祖母が丁寧に下処理し。
茹でたてを、スプーンですくって、ハフハフ言いながら、食べ。
残りは、栗おこわにしてしてくれました。
ちなみに、我が家の栗おこわは、お赤飯です。

その大きな栗の樹も、祖父が亡くなった年、主(あるじ)の後を追うかのように、みるみるうちに枯れ果ててしまいました。(涙)


唯一、今でも残っているのが柿の樹。
我が家では、柿の収穫は、男の仕事です。

で、今年も採れました!

001 5195946_2235917470_28large


毎年、カラスとのバトルです!


002 5195946_2235930318_49large

これは、生前、祖母が趣味で焼いた器。 
確か、80代の頃の作品だと思います。
私の大切な形見。

その器に、盛り付けて・・・

003 5195946_2235930313_195large


「おじいちゃん、おばあちゃん、今年も美味しい柿が出来ました!
ポーポーの樹も、栗の樹も無くなってしまったけれど、柿の樹は、今でも健在ですよ。」

そう、報告しながら、二人にお供えしました。

ちなみに、私は、熟した柿より、まだサクサク感の残る柿が好き♪
皆さんは、どうですか?

柿は、アルコール分解成分も豊富なようで。
二日酔いの朝には、もってこいだそうですよ。

私は、お酒を呑みながら、この時期、お酒の「アテ」に柿もいただいちゃいます。(笑)

生ハムと柿、そして、チーズ・・・
ワインのお供に、最高の組み合わせです!


実りの秋を、楽しみましょう♪


プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる