いま、大事なこと♪


目の前に、いくつもの分かれ道があって。

どの道が、正解なのか。
どの道が、間違いなのか。

迷うことがありました。


でもね、迷いを繰り返すうちに、わかったことがあるんです。


そんなことで立ち止まっても、悩んでいても、いつまで経っても、動けないし、前に進めない。

どの道を選んだとしても、

「この道を選んでよかった!」と、”思えるようにすること”こそが、
一番大事なんじゃないかなって。


大切なのは、”道の選択”じゃなくて、”道の歩き方”なんだなぁって。


前に進んでいるから、つまづくし、壁にも当たる。

前に進んでいるから、失敗もするし、道にも迷うんですよね。


必ずしも、思い通りの現実ばかりじゃないし、望み通りの未来があるわけじゃないけど。

確実に、自分は、前に進んでる。

そう、思いたいし、そんな自分を褒めてあげたい。

だって、進めた分、前に進む自信やチカラがついてるはずだもん。

それが原動力になって、また前に進めるんだもん。

少しずつでも、前進してる自分を認めてあげたい!



今の私の中で、迷った時の判断基準は、「楽しいかどうか。」

「今、それをやっていて、本当に楽しい?」って、自問自答するようにしています。


何があっても、どんなことが起きても、

「私は、運がいいんだ!」って言う人のところに、運は集まると思うから。



先日、ある人に、「ニコニコしていて、なんだか、とっても楽しそうだネ」と言われて、
すごく嬉しかった♪


いつも前向きでありたいし、自分の心に正直でありたいし。

何より、明日も明後日も、明々後日も・・・・ずっと笑っていたい!

とにかく「今」を、一生懸命、生きたいです。

幸せの限界は、他人じゃなくて、自分自身が決めるんだ~~~!!!


うまくできたかより、満足できたか。
正しくできたかより、楽しめたか。

それが、今の自分にとって、一番大事なこと。


さぁ、今週もスマイルで顔晴りましょう♪


5195946_291419014_1large.jpg



スポンサーサイト

言葉の掟♪

「恋愛で、最もやっちゃいけない3つのこと」

・無視
・音信不通
・自然消滅


経験者なら、わかると思いますが・・・

本当に忙しくて、話をする暇もないのか。
それとも、体調でも悪いのか、怪我でもしているのか。
スマホが壊れているのか。
あるいは、意図的に、接触を避けているのか。


想定し得る、ありとあらゆる事態が、頭の中を駆け巡り。

もう、それだけで、メンタル参ってしまうんですよね。


この3つをやらかす人=言葉が足りない人

もしくは、

うしろめたい、何かがある人。


「言葉が足りない人」というのは・・・

「それくらい、言わなくても察しろよ」とでも、言いたいのでしょうか?

「オレは背中でモノ言うタイプなんだよ」とても、言いたいのでしょうか?


でもね、言葉は情報なんですよ。

情報提供がなければ、なにもわからないんですよ。

そして、人というイキモノは「わからない」ということに、
もっとも不安とストレスを感じるものなのですよ。

「言わなくても、わかれよ!」なんて、他力本願的な甘え以外の、なにものでもないと、
私は思っています。



我が家の男性陣もそうですが・・・

会話とか連絡等、言葉を軽視する人って、こと、男性に多い気がします。

女性は、喜怒哀楽を、マーライオンできる。(笑)

恋愛に限らず、結婚でも同じ。
慣れてくることで、段々、言葉足らずになる。
それって、奥さんより、旦那さまに多い気がしませんか?


言葉で励まされ。
言葉で希望を持って。
言葉で腹がたち。
言葉でがっかりし。
言葉で泣かされる。


言霊ってあるんですよね。

会話でもメールでもラインでも。

言葉のひとつひとつに、人と成りが表れる。

だからこそ、いい言葉を発しないとね。

言葉って自分だけじゃなく、人の未来をも変えると思うから。


言葉で安心させてくれる人・・・
私自身、そうありたいし。
そんな人を、ちゃんと見極めようと思うのであります。



001 5195946_2287736364_134large

002 5195946_2287735858_19large


実家のアジサイが満開になりました。
今年は、いつもより、季節が駆け足で進んでいますネ。

夫婦のカタチ♪

月に1度の母の通院の帰り、久しぶりにふたりきりで、ランチ。

母の大好きなトンカツを頬張りながら、いつしか女子トークに♪


母:
「アナタ、どんなお相手だったら、結婚したいと思えるの?どんな結婚生活が理想?」

最近、やたら、私に結婚を勧める母・・・(苦笑)

私:
「う~ん、仲のいい夫婦っていうと、いつも一緒で、ラブラブで。
いつまでも、恋人同士みたいな関係で・・・な~んてイメージがあるけど。

それをいつもいつもやろうとすると、窮屈じゃないのかなぁ。
近すぎる距離って、逆にストレスになったりしないのかなぁ。

皮肉なことに、それが原因で、ラブラブなのに、時々派手なケンカもして。
そんな気持ちの”上がり下がり”に、いつしか疲れてしまうんじゃないかなぁって思う。

私が思う、本当に仲のよい、ステキな夫婦ってさ、べたべたした関係じゃなくて。

お互いに自由で、違うライフスタイルを持っていて。

休日だからって、必ずしも一緒にいるわけじゃなく。

いつもいつも一緒に食事をするわけじゃなく。

ふたりの間に”一緒”っていう”こだわり”が、ない。

一見すると、ドライな関係にも見えるし、 一緒にいる意味ってある?って言われそうだけど。

それでも、メンタルな部分では、”やっぱりこの人と一緒にいたい!”と思えたらなって。


互いが独立した存在で。

相手の”独立性”を損なわないように、”自由”を互いが尊重し合ってる。
だから、ケンカになるほどの”過干渉”にはならない。

ややもすると、バラバラで自由に、好き勝手やっているように見えても、
いざって時には、手を取り合って、支え合える関係っていいなって思う。

な~んて、こんな理想論に共感してくれる人なんて、なかなかいないだろうな~~」


母:
「あら、いるわよ。 パパとママの関係が、まさにそうよ。
詰め過ぎない距離が、かえって信頼につながると思うのよ。
信頼の積み重ねが、いつしか、カタチのない想いに変わるのよ。」



う~ん、先月、結婚60年目を迎えた母の言葉は深い・・・

私の理想の結婚は、両親みたいな夫婦なのかもしれないな。




6月1日は、61回目の逗子海岸花火大会でした。

逗子に住んで、もう24年。
ついに、実家暮らしを超えました。

001 5195946_2287109962_43large

002 5195946_2287109948_182large

003 5195946_2287110798_39large

004 5195946_2287110796_243large

005 5195946_2287110781_85large

006 5195946_2287110779_196large



夜空に咲く、大輪の花を見上げながら、いろんな想いを巡らせた夜でした。




女子トーク♪

夕暮れ時、地元の友人と吞みながら、久々に恋バナに花が咲きました。

いくつになっても、女子は恋バナが好きなんですよ。

001 5195946_1909479848_3large


夫婦や恋人同士、よく「価値観の一致」を基準にするけど。

そもそも「価値観を合わせること」=「愛すること」じゃないよねって話に・・・

「価値観の違いを許せること」「違う価値観を尊重すること」=「愛する」ってこと。

自分の想いを曲げてまで価値観を合わせた時点で、それは、もう、
「愛していません」宣言をしたみたいなもんだよね。



結局、男と女は、「相性」じゃなく、「愛情」が大切。

ぎくしゃくすると、「相性が悪い」って言う人いるけど、結局は、愛情が足りないだけ。

002 5195946_1909479847_41large


恋愛でも、結婚生活でも・・・

一緒にいるときに、どう思えるかじゃなくて。
一緒にいないときに、安心できる関係かどうか。

異性として好きかどうかじゃなくて。
人として、尊敬できるかどうか。

そんな意識を、大事にしたい。



自分の好み通りになって欲しい・・・って人とは、合わないな。

それって結局は、「自分にとって都合のいい人になってほしい」っていう、自己愛だもん。

自己愛だけで、相手は変わらないんだよね。

所有物じゃなく、ひとりの「人間」として、尊重されたいから。


異性に対しても、同性に対しても・・・

相手を見る時に大事なのは、見えるものより、見えないもの。
目に見えない「人間性」を大切にしたいし、自分自身も、そうされたい!


003 5195946_1909479841_67large


な~んて、恋バナが、いつしか、人生トークに変わっていたけれど。
言いたいこと言って、呑んで食べて、すっきりしたなぁ。


最後、彼女から、こんなアドバイスをもらいました。

「世間でよくいう”女子力”ってさ、男にモテるための媚びる力じゃなく、
男の人に頼らなくても生きていける、女の自立する力でもあるんだよ。」


沁みるなぁ~~

004 5195946_1909479865_127large



ピンチの時に想うこと・・・

人生、長く生きていれば、寄せては返す波のように、試練がやってくるものです。

そんなとき、必ず想い出す言葉・・・


「本当にどん底なら、これ以上、下がることはない。 あとは上がるだけ。」


這い上がるのは、そう簡単にはいかないけれど。
這い上がるにも、勇気や気力や体力がいるけれど。


強い気持ちと、志。
そして・・・
「命」さえ捨て去らなければ、きっとまた這い上がれる。


私自身、20代の頃から、本当にいろんなことがありました。(^^;)

辛い経験の度に、歯を食いしばって、地に足を付けて、踏ん張って。

もがきながらも、また、一筋の光を見つけた時。
誰かが差し伸べてくれる、温かい手に触れた時。

黒があるから、白さがわかる。
哀しみや、苦しみを経験した人ほど、小さな幸せのありがたみや、
人の優しさがわかるようになるんだ!

だんだんと、そう思えるようになりました。


どん底にいた時は、しんどくて、切なくて、無我夢中で、気づくこともなかったけれど。

最近は、壁にぶちあたる度に、

「あの時のあれに比べたら、こんなの、なんてことないじゃない!」

「あの時失ったものに比べたら、こんなの、なんてことないじゃない!」

と、前向きに考えられるように・・・


人間には、試練も必要なんだなぁと思うこの頃。




不幸を口にしたら、不幸になるし。
不幸を想像したら、不幸になる。

運がいいと思えば、その通りになるし。
運がいい人は、運も人をも引きつける。

どんなことが起きても、前向きにとらえて楽しんで。
いつでも笑顔でいること。

自分の運命は、自分で切り開いていかないとネ。(*^-^*)


過ぎ去った、すべてのことに「ありがとう」。

そして・・・
これから来るべき、すべてのことに対して、逃げずに向き合える、
まっすぐで素直な心を持ちたいと思います。


In the middle of difficulty lies opportunity. 

5195946_291392653_1large.jpg


プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる