きっかけは自分の中に・・・♪

少し、わだかまりがあって、疎遠になっていた人と、ひょんなことから、また逢うことになって。

億劫だけど、ちょっと勇気を出して、出かけることにしました!


きっとね、前より、いい関係になれるかも・・・って思うから。

「みんなでいい人生にしよう!」

そんな「予感」までするから。


結局は、「私自身」の気持ち次第なのかも。

人間関係も、幸せも・・・
全て、そこから始まっていく。



一瞬一瞬の、自分のリアルも、相手のリアルも・・・

素直に受け止める「勇気」を手に入れないとね。

表向きだけ、仲がいい「ふり」をするのも、「無理」をするのも、ちょっと違う気がするから。


ただただ、ひたすらに・・・

自然体で、すべてを受け容れて。

全部の「つながり」に感謝をしよう!って思います。

きっと、新しい何かが見えてくるはずだから。


きっかけは・・・「自分」の中にあるんだなぁ、きっと!

5195946_291397479_1large.jpg




スポンサーサイト

小さな秋とシアワセと♪

秋は、春に比べると、お花の数が少くて、ちょっぴり寂しいけれど。

それだけに、道端で一生懸命咲いている、小さくて、けな気なお花を見つけると、思わず、写真を撮ってあげたくなります。

001 5195946_291422942_1large


秋の空は、とっても表情豊かで・・・上を向いて歩くと気持いい!

002 5195946_291422945_1large


顔を上げると、気持まで前向きになるから、不思議です。


003 5195946_291422946_1large


日の出が遅くなった早朝の秋の海では、お月様とお日様の、ステキなコラボレーションが見られます。


004 5195946_291422947_1large



大空へ、のびやかに昇っていくお日さまと。

ゆっくりと、姿を消していくお月さまと。


人間の「こころ」にも、こういう瞬間が、あるような気がしました。


沈んでいるようで、昇っていこうとする、強い何かも、ある。

まっすぐに昇っているようで、沈みゆく、静な何かも、ある。


「どちらもあってほしいなぁ。」

「どちらも味わいたいなぁ。」


そんなことを考えながら、初秋の空気を、五感で感じています。



どんな小さな季節の足音をも、気付いてあげられるような、感性豊かな女性でありたい。

どんな小さな出来事にも感動したり、感謝したり。

いつも、シアワセを感じられるような人で、ありたいな。



ライフスタイルの、あらゆる、シアワセのハードルを下げたら、大事な何かが見えてきました。



当たりっ(^^♪

くじ運にはとことん、ご縁のない私が、某サイトの抽選で当たりました。 (*'▽')


「おSOBAに珈琲」。

001 5195946_2264230178_89large


そもそも、この飲み物は、な~にか??なのですが。

山形県は、大石田名産の、香り高いお蕎麦「来迎寺在来種」を焙煎した「そば茶」と。

大石田出身のブラジル移民の日本人が、ブラジルから持ち帰って、日本でその名を広めた「ブラジルコーヒー」をセットにしたもの。

山形県大石田市の、町おこし的な商品かしら??



私は、そば茶も珈琲も、大好き。

002 5195946_2264230177_47large


それぞれドリップしたり、両方をブレンドしたり、

003 5195946_2264230176_56large


3度楽しめる!

特にブレンドは、ハト麦茶のような香ばしさで、とても美味でした。 (*^-^*)


そばと珈琲・・・両者が全く喧嘩することなく、共存しているんです。

食後や、ちょっと、お口をリセットしたい時、珈琲よりも、すっきりと飲める感じ~。


お蕎麦には、アンチエイジングや、ダイエット、血圧抑制等々・・・うれしい効果がいっぱい!!

珈琲には、ストレス解消、シアワセ効果、精神安定・・・のみならず、アンチエイジングや、脂肪肝防止等々の健康効果もあるんですって!

お蕎麦を食べた後に、珈琲を飲む・・・のも、もちろんよいけれど。

そば茶と珈琲のブレンドで、もっと手軽に、健康になれるってことかな。



おSOBAと珈琲って、美味しさの相性が良いだけではなく、飲めば、中からキレイになれる飲み物なんですねぇ~☆


おススメは、そば茶:珈琲=1:1ですが、自分好みにアレンジしても面白そう。

「おSOBAに珈琲」を飲むのが楽しみで楽しみで・・・
ますます、朝が待ち遠しくなりました♪



まったく違う「個性」でも、一緒になると、いい味を出す。


人間関係も、かく、ありたい・・・です。(*^-^*)


両親の心配ごと・・・

月に1度、母の通院の付き添いをしています。

大きな総合病院なので、予約をしているとはいえ、1~2時間待ちは当たり前。
ただただ、じっと座って待っているだけですが、病院って、なぜだか疲れますね。


でもネ、私は、そんな母との「診察待ち時間」が、最近、とっても好きなのです。

母との、ふたりきりの濃密な時間といいますか。。。
家にいると、なんだかんだ用事があって、ゆっくり座って話すことが難しいのですが。

病院の待合室って、待つこと以外に、することがありませんから。

母と並んで座りながら、とても近い距離感で、お互いの体温を感じながら話すことができる。

それが、とっても楽しいんですよネ~♪


先日の付き添い時も、スマホで撮った女子会の写真を見せて、私の学生時代の話に花が咲いたり。

逗子海岸の花火大会の動画を、音付きで見せたら、めちゃめちゃ、感動してくれました。

「花火大会なんて、何十年ぶりに観たわ~本当にキレイね。」



そして、こんな会話も・・・

母:「アナタの今の一番の楽しみはなぁに?」

私:「(迷わず)朝、起きることかな。また無事にひとつ朝を迎えられることに、最近、ものすごいシアワセを感じるのよ~」

母:「あらら、起きるのが楽しみだなんて、エライわねぇ。」

私:「だって、ほら、わたくし、ひとりですから。 いつ何があるかわからないでしょ? だから、平和な朝がくると、シアワセなのよ~」

母:「それなんだけどね、アナタ、この先もずっと独りでいるつもり?どなたか、いい方はいないの? 
ママは、それだけが心配で心配で。
だって、何かあっても、ひとりだと、だぁれも気が付いてくれないじゃないの。
今は元気でも、歳とったら何があるかわからないのよ。」

私:「まぁ、こればっかりは、ご縁ですから。
ほら、阿川佐和子だって60歳過ぎてから、結婚したし!」

母:「○○おじさまが生きていらしたら、いい方をご紹介いただけるのにねぇ。」
(※注:○○おじさま=世話好き、仲人好きな親戚のおじさま)



別の日・・・
両親と、ケアマネさん、私とで、今後の生活についてお話し合いをした際のこと。


ケアマネさん:「おふたりが、今、困っていらっしゃること、不安に思うことは何ですか?」


父:「娘がずっと、独りなことです。」

母:「私もです。 この子の老後が心配です。」



ちょっと、ちょっと、それ、ケアマネさんに相談することじゃないよぉ~~っΣ(゚Д゚)

私、赤面・・・年老いた両親に、自分の老後を心配されるって、どんだけ。(←古っ!)




まぁ、出来の悪い子ほど、カワイイとも申しますし。

心配ごとがあると、かえって長生きするとも言いますし。

実際、両親は、(私のことが)心配で心配で・・・死んでも死にきれないって言ってますし。


私:「いざとなったら、介護付きの、海辺のステキなマンションに住むわ~。そのためにも、がんばって仕事して、お金貯めないと~」


と、言葉、濁しておきましたとさ。 (笑)



さて・・・
この夏、父と母が一番喜んだ手土産は、やっぱりこれでした。

5195946_2263071974_169large.jpg


長生きするには、やっぱり、肉・にく・ニク~~

そして、ちょっとの、心配ごと・・・。
イイネ! コメント


やさしさの定義♪

前回、ワインの好みが変わってきたというお話をしましたが。

ワインのみならず、ステキだなぁ、と思う、男性の中の「やさしさ」にも変化が。




今の私が、グッとくる男性のやさしさは・・・


ふとした言葉の中に見え隠れする、滑稽なくらいの、不器用なやさしさ。

一生懸命なやさしさが、くすっとするほど、違和感あって。

恥をかいても、それを言い訳にしないで。 

その「恥自体」が、誰かへのやさしさになっている。


そんな、構えない、恐れないやさしさを持った男性は、ほれぼれするほど、ステキだなぁって思います。



人としての悲哀や、はにかみ・・・・

そういう男性のやさしさの裏側には、そんなものたちも潜んでいる気がします。

人生、酸いも甘いも経験してきたからこその、自信と余裕、懐の深さ。

だから、不器用だって、恥をかいたって、動じない。

ダサい自分だって、吐露できる・・・


「どこか恥の部分を持つ自分」を投げかけてくれると、なぜだか、ほっとします。

きっと、それこそが、「心を開いてみせる」ってこと・・・だからかな。

すると、こちらも、すっぴんの自分を投げ返せる。

それをちゃんとわかっている男性は、やさしいなぁと思います。




思わず、お腹を抱えて、大きな口をあけて笑ってしまうようなジョークが言える人。

ポンポン叩くと、ユーモアが、ポップコーンのようにあふれ出る人。

そんな「3枚目的なやさしさ」もステキです。


な~んて、目線で、異性の友達や、友人の旦那さま、行きつけのお店のオヤジさんやマスター、お医者さんや美容師さん、映画や小説の中の登場人物をウォッチングしている自分がいます。
怪しい?? (笑)



人生長く生きていると、人を見る目も変わってくるから、オモシロい。

同時に、自分自身の目指す生き方も変わってくるから、オモシロい。

5195946_2262213621_23large.jpg


残りの人生、毎日毎日、笑って過ごしたい・・・と、思うこの頃。

どうせなら、眉間のシワじゃなく、笑いシワいっぱいの日々を送りたい!

プロフィール

リリー

Author:リリー
I love 逗子!
おいしいお店、ステキなお店、和めるお店をご紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる